新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アニューシャ・アンサリ

アニューシャ・アンサリ
簡易版

英語表記
Anousheh Ansari

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アニューシャ・アンサリ」は、U.S.A.(合衆国)に帰化した亡命イラン人の、女性実業家。

 テキサス州に拠点を置くコンピュータ関連企業、プロデシア・システムズ社の起業者で、現最高経営責任者。

 2006年、民間女性として、そしてイスラム信徒として、最初の宇宙旅行者となった。

 2008年現在、存命中。

【参照イメージ】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 1966年、イランのマシュハド?(当時のホラーサーン州州都)で生まれる。アニューシャの誕生後しばらくして、家族は、娘を伴いテヘラン?に転居。

 アニューシャは、1984年にU.S.A.(合衆国)に移住した。ワシントンD.C.?郊外のジョージ・メイソン大学で、電子工学とコンピュータ・サイエンスの学士号を取得。卒業後、電子通信起業のMCIに就職。同社で知り合った、夫とは1991年に婚姻。

 1993年、夫と共にMCIを離職、夫、義弟らと、共同で、テレコム・テクノロジーズ社を創設。テレコム・テクノロジーズ社は、2000年に経営権が買収され、アニューシャらは、2004年に新たな事業をスタート。2006年にプロデシア・システムズ社を起業した。

 アニューシャは、2004年にエックスプライズ財団の、有人宇宙飛行機コンクールに共同出資を申し出、財団はプライズの名を「アンサリ・エックスプライズ」と改名した。

 2006年9月ロシアの宇宙船ソユーズに搭乗し、10日間の宇宙旅行で、宇宙ステーションも訪問した。この旅行は、U.S.A.のスペース・アドヴェンチャー社?と、ロシアのロシア連邦宇宙局?とのジョイントで準備されたもの。

 当初、宇宙旅行にはダイス=K?が参加する予定だったが、健康上の理由から参加を見合わせることになり、ダイスバックアップになったいた、アニューシャが旅行をすることになったもの。

 アニューシャは、現代ペルシャ語を母語にしているが、英語、フランス語も流暢に話す。宇宙旅行の記録によると、ロシア語での会話も充分にこなしていたようだ。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

別称類

  • 日本語別表記=アニューサ・アンサリ

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/05 09:54:38
キーワード:
参照:[存命中の実在人物] [エックスプライズ財団]
このページは凍結されています。