新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ビアース川

ビアース川
ビアースがわ
簡易版

英語表記
Beas River
スペイン語表記
R?o Beas

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ビアース川」は、パンジャーブ地方を流れる5大河川の1つに数えられることもある川。

 ヒマラヤ山脈?西部から流出。インド領北西部のヒマーチャル・プラデーシュ州州内に水源があり、サトレジ川の西を流れ、サトレジ川の右岸に合流。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ビアース川の川長は、おおよそ470kmほど。

 ヒマーチャル・プラデーシュ州州域の概ね中ほど、標高4,000m弱のロータン峠(Rohtang Pass)のあたりから流出。シワリク丘陵?地帯の起伏に沿って、屈曲しながら流れた後、微傾斜地に出ると、概ね南西流。

インド共和国のパンジャーブ州?西部、アムリトサル?の南方でサトレジ川に合流。

 ビアース川を合わせた後のサトレジ川は、しばらく流れてからインド - パキスタン国境線を比較的短距離流れ、さらに後、パキスタン=イスラム共和国のパンジャーブ州?に流入する。


 ビアース川は、古代マケドニア?のアレクサンドロス3世?が率いた東征軍の到達東限として知られている。

 ただし、東征軍が地域に至った紀元前3世紀頃、川筋は現在よりもさらに東側を流れていた。古代ギリシア語では「ヒュファシス(Hyphasis)」の川名で伝えられた。

 現在の地名「ビアース(Beas)」は、あるいは、ヴェーダの伝説的聖者ヴィヤーサ仙?(Vyasa)の名に由来するのかもしれない。少なくとも、中世インドでは学者の多くがそのように論じた。

 ヴィヤーサ仙は、「ヴェーダ?やプラーナ?の編者だ」との伝承が伝えられている人物で、「『マハー・バーラタ?』の著者」とも信じられた人物。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

捕捉情報

  • 中華人民共和国の香港?には、「ビアース川」の英語名別称を持つ川、雙魚河〔シェゥング・ユェ・ホゥ〕がある。

別称類

主要国の言語

  • 英語表記=Beas River
  • スペイン語表記=R?o Beas

その他

  • パンジャーブ語名=(調査中)
  • 古代ヴェーダ語名=「ヴィスパス(Vipas)」
  • 古代ギリシア語名=「ヒュファシス(Hyphasis)」

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/08 10:45:28
キーワード:
参照:[ヒマーチャル・プラデーシュ州] [パンジャーブ地方] [ラーヴィー川] [小辞典ワールド編] [ランド・マーク] [サトレジ川] [アジア州のランド・マーク]
このページは凍結されています。