新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ダル・リアタ

ダル・リアタ 
(簡易版)

英語表記
Dal Riata

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ダル・リアタ」は、11世紀にスコゥシア王国?に移行することになるスコット人?の王国、及び、その前身だった部族国家の名。

 多くの場合、アルスター地方出身のスコット族?が、カレドニア(スコットランド)北西部にも入植地を開き、王国に発展させた、と考えられている。

 おそらく、初期には部族連合体だったものが、6世紀末〜7世紀初め頃には、概ね、現在の北アイルランドアントリム県スコットランドのアーガイル・アンド・ビュート?、ロッホアーバー?のあたりを領域にした。この間ダル・リアタ王国と呼ばれるようになっていった。

 9世紀半ばにピクト人?のアルバ王国?との同君連合体制に移行。この連合王国が、後にスコゥシア王国に発展した。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 スコット族?は、アルスター北部出身のケルト部族で、4世紀頃、あるいは3世紀末頃には、すでに、度々カレドニア(スコットランド)を襲撃するようになっていたようだ。

 アルスターとカレドニアの双方に渡るダル・リアタの勢力圏は、スコット族のファーガス・モー・マク・エル?が、キンタイア半島?のダナッドに入植地を開いた時に定まったとされる。これは中世の歴史伝承が、ファーガス・モー・マク・エルの王宮が、ダル・リアタ王国の中心王朝であったかに伝えているためだ。

 この歴史伝承は、ダル・リアタ王国の建国譚としては伝説と言わざるを得ないが、スコット人部族連合の勢力圏形成については、一応の画期とみなすことができるだろう。

 また、中世スコットランドの伝承では、アルスター地方で紀元前4世紀頃からダル・リアタ王国が営まれていた、としているが、これはさらに疑わしい。現在は、ファーガス・モー・マク・エルが、ダナッドに入植拠点を構えた頃は、スコット族は部族連合体の段階で、後にダル・リアタ王国に発展した、と考えられることが多い。

 年代的には、ファーガス・モー・マク・エルは501年頃死亡した、程度のことしか言えない。ダナッド入植の年代も500年頃、とされることが多い。

 この頃、ダル・リアタの内部では、ローアン一族(kindred of Loarn)、オェンガス一族(kindred of Oengus)、ガブレィン一族(kindred of Gabran)が3大勢力で、やや小さな勢力だが、島嶼部を勢力圏にしていたコンクリード一族(kindred of Chonchride)も有力だった。

 6世紀末〜7世紀初め頃、ダル・リアタは、カレドニア北西部を勢力圏とし、北東部のピクト人?国家アルバ、南部のブリトン人国家と対峙する情勢になった。この間、ダル・リアタの内部では、有力氏族の入れ替わりを経て王統が定まっていったようだ。

 603年にはノーサンブリア王国?と合戦。7世紀半ば頃には、劣勢になり、やはり王国化していたピクト人に従属的になっていった、と思われる。7世紀半ば頃には、オニール氏族に敗れ、やはりアルスター地方の勢力圏を失ったようだ。

 この前後のダル・リアタ王国とピクト人のアルバ王国?の関係は複雑で、議論が多い。断片的に伝わる歴史記録にも混乱が見られる。ダル・リアタの王族と、アルバの王族が複雑な婚姻関係を結んでいたこと、同時に、王国同士は対立関係も持っていたことは、確からしい。

 中世後期、スコットランド王国時代の歴史書は、ダル・リアタ王国がアルバ王国を従属させたかに記しているが、現在の研究者は概ねが、ダル・リアタの方が劣勢だった時期がしばらく続いた、と整理している。「637年〜750年頃にかけて、ダル・リアタ王国は名目的存在になり、スコット族の部族集団が個別にアルパ王国に従属した」とする説すらある。

 ともあれ、778年アルパ王だったアェド・フィンド?が死ぬと、男系のアルバ王位継承者が途絶えた。この時、ダル・リアタ王だったケネス・アルピン?が、母方の血筋からアルバ王位継承を要求。スコット人勢力と、ピクト人勢力との合戦に発展した。アルピンは、捕らえられ834年に処刑された、と伝えられている。

 アルピンの息子ケネス・マクアルピン?がダル・リアタ王位に就いたのが、839年。マクアルピン率いる軍勢は、846年にアルパ王国に軍事侵攻。勝利後、マクアルピンは、アルパ王就任を宣言、さらに、ダル・リアタ=アルバ連合王国を発足させた。

 このダル・リアタ=アルパ連合王国が、周辺地域の地方勢力を順次服属させ、あるいは併合し、1018年にスコゥシア王国?に移行することになる。

【参照地図】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイデア・フック、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
  • 2008-12-06 (Sat) 08:42:18 ibotxy : KkluNbtrqinIp?
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/12/06 08:42:19
キーワード:
参照:[歴史上の国家、王朝、政権] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。