新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

EFTA(欧州自由貿易連合)

EFTA
European Free Trade Association
(欧州自由貿易連合) 
暫定版

記事内容、追加調査中の暫定版です。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 “EFTA”(European Free Trade Association,欧州自由貿易連合)は、1960年にU.K.(連合王国)が主導して、ヨーロッパの数ヵ国が結成した自由貿易連合?。U.K.は、1973年にEC(欧州共同体)?に加盟するため、脱退した。

 2008年現在の加盟国は、アイスランド共和国スイス連邦ノルウェー王国リヒテンシュタイン侯国の4ヵ国で、いずれもEU(欧州連合)?には未加盟国。

 ただし、スイス以外のEFTA加盟国は、EUとの間で自由貿易地域?であるEEA(欧州経済地域)?を1994年に創設、営んできている。(EEAは、自由貿易地域であって、関税同盟の類ではない)

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「情報+知性 目標値=8〜10」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 現在、EFTAの事務局は、スイスのジュネーヴ?に設けられている。
 他に、EFTA監査機構(本部、ブリュッセル?)、及び、EFTA裁判所が設けられている。EFTA監査機構は、EU(欧州連合)?のヨーロッパ委員会?にあたる役割を担うとされ、EFTA加盟国が関わる国際条約の遵守を監査する役割を担っている。
 EFTA裁判所の方は、EEAの運営に関わるEFTA加盟国間の国際的係争の調停、裁定のために設けられている。EUの欧州裁判所?の機構をモデルに設立された。ただし、EEAに未加盟のスイス連邦は、EFTA裁判所にも参加していない。
小事典版推奨判定
「歴史+知性 目標値=10〜12」
やや詳しい情報 EFTAが結成された1960年当時のU.K.は、保守党が政権与党だった時期で、貴族院出身のダグラス=ヒューム伯が首相だった。当時の公開演説の記録や論説などから、U.K.政府は、あきらかにECに対抗することを意図してEFTA結成に積極的役割を演じたと、言われている。
 結成時の加盟国は、オーストリア共和国スウェーデン王国、スイス連邦、デンマーク王国、ノルウェー王国、ポルトガル共和国、U.K.の7カ国。1961年に、フィンランド共和国が準加盟し、1986年に正式加盟。アイスランド共和国は1970年に加盟。リヒテンシュタイン侯国は、1991年に加盟。
 1973年、デンマークとU.K.がEC加盟に伴い脱退。1986年、ポルトガルがEC加盟に伴い脱退。
 1994年にEUとの間でEEAが創設された。1995年、オーストリア、スウェーデン、フィンランドがEU加盟に伴い脱退。1995年以降、現行の4ヵ国体制になっている。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/01 17:48:00
キーワード:
参照:[オーストリア共和国] [略号] [アイスランド共和国] [国際関係の関連用語] [小辞典ワールド編] [アイスランド共和国の情勢]
このページは凍結されています。