新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

汎用機関銃

汎用機関銃 
はんよう きかんじゅう 
簡易版

英語表記
General purpose machine gun,GPMG

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「汎用機関銃」とは、機関銃のサブ・カテゴリーで、大まかには、「比較的口径の大きな銃弾を用いながら、軽機関銃のように兵員1人での携行運用も可能な類」を指すことが多い。

 「軽機関銃と重機関銃とを兼ねる」との意味で「汎用」と呼ばれる。

 グロスフスMG42やM240が典型。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 “General purpose machine gun”(汎用機関銃)は、ベルギーの銃器メーカーFN社?(現在のFNハースタル社?)が1950年代に提唱した、フランス語の“Mitrailleuse d'Appui General”からの英語訳。

 現在、汎用機関銃の多くは、野戦携行時には2脚か3脚の折りたたみ式支持架を使い、車載、などの場合は、専用支持架にセットして使う。空冷式で、銃身の交換が比較的容易な設計構造も、多くの例に共通している。

 空冷式の中量級機関銃は、第1次世界大戦まで遡るが、FN社が1958年にリリースした“FN MAG”が、汎用機関銃のルーツと言える。

 現在の汎用機関銃は、第2次世界大戦後に設計製造された物で、多くは、NATOの制式規格弾クラスの弾丸を用いる。NATO弾なら7.62mmを、旧ワルシャワ条約機構加盟諸国では、7.62mmX54R弾を、用いるタイプの汎用機関銃が使われた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/13 18:33:49
キーワード:
参照:[重機関銃] [機関銃] [武器類] [略号] [軽機関銃]
このページは凍結されています。