新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

カリウム・アルゴン年代測定法

カリウム・アルゴン年代測定法(K-Ar年代測定法) 
カリウム・アルゴンねんだいそくていほう

英語表記
K-Ar dating method

PCが予め知ってていい情報

 特になし。

 「カリウム・アルゴン年代測定法」については、関連技能を持たないPCは、予備知識なしの処理で不自然ではないと思われます。

追加情報

小辞典版推奨判定
「分析+知性 目標値8〜10」「歴史+知性 目標値10〜12」「情報+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (シナリオによっては、ゲーム前ブリーフィングでプレイヤーに伝えるGM裁量をしてもいいかもしれない)
 「カリウム・アルゴン年代測定法」は、同位体分析による年代測定法で、放射性同位体分析の1手法。カリウム40の自然崩壊を利用して、対象試料の年代を測定する。
 普通は、数億年前から数十万年前に形成された、と推定される岩石の年代測定に用いられる。適した対象は、溶岩、火山灰、ガラス、隕石など。
小辞典版推奨判定
「分析+知性 目標値10〜12」「歴史+知性 目標値12〜14」
やや詳しい情報: カリウムは、多くの岩石や鉱物に含まれているが、カリウム39、カリウム40、カリウム41の同位体がある。この内、カリウム40は、半減期およそ12億5千万年という長い期間で自然崩壊。カルシウム40とアルゴン40とに変化する。
 カリウム・アルゴン年代測定法は、対象試料中のアルゴン40/カリウム40含有比率を分析することで、年代を測定する。
 この測定法では、アルゴンガスが試料から散逸しない状態になってからの年代が測定される。つまり岩石などに固形化してからの年代測定に適している。
 カリウム・アルゴン年代測定法の変種に、アルゴン・アルゴン年代測定法がある。
小辞典版推奨判定
「分析+知性 目標値12〜14」
専門的知識 カリウム・アルゴン年代測定法では、対象試料の質量を事前に厳密に測定しておく必要がある。また、カリウムの含有率と、アルゴンの含有率は別の測定機器で分析しなくてはならない。
 数十万年前より新しい対象物については、試料に含まれるカリウムの分布が均一に近いことなど、いくつかの条件が整っている場合にのみ有意な分析ができる。普通は極めて困難で、十数万年前程度より後の時期に形成された試料を分析しても適正なデータは期待できない。

GM向け参考情報

 「年代測定法」の項を参照されたし。⇒ 年代測定法

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/10 01:40:06
キーワード:
参照:[+αのワールド用語] [アルゴン・アルゴン年代測定法]
このページは凍結されています。