新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

クウェート油田

クウェート油田 クウェートゆでん (Kuwait oil field)

PCが予め知ってていい情報

 「クウェート油田」は、クウェート国の領土に存在する油田の総称。総合埋蔵量は、世界第4位と目されている。

追加情報

小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 1990年にイラク共和国のクウェート侵攻、併合宣言ではじまったペルシア湾湾岸戦争?では、多数の油井が破壊を被り、ペルシア湾に流出した原油による環境破壊がとりざたされた。
 クウェート国は、1991年に多国籍軍の介入で解放され、1992年頃に侵攻前の石油産出水準に回復。

小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値10〜12」
詳しい情報 総称としての「クウェート油田」は、同国南部に位置する複数の油田を指すことが多い。
 1938年発見のブルガン油田、1952年発見のマグワ油田、1953年発見のアマディ油田、1955年発見のロウドハタイン油田、1956年発見のバラハ油田、1957年発見のサビリヤ油田、1962年発見のウム・グダイル油田など。
 他に、領海の海底油田や、北部で開発中の油田までも含めることもある。

小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値12〜14」
専門的知識 1980年、クウェート国では、石油公社が設立され、アラビア石油以外の石油産業が国有化された。アラビア石油は、同社が開発したカフジ海底油田の操業を2005年現在も続けている
 他方、近年のクウェート国では、他国資本の直接投資を誘致するため、法制整備などが重ねられている。その結果、フランス系、中国系、ロシア系、他、各国の石油資本に北部油田の開発プロジェクト参入を計る動きが見られる。
小辞典版推奨判定
「歴史+知性 目標値12」
詳しい情報 クウェート油田が発見されたのは、1938年だが、油床の存在はかねてから推定されていた。1933年に、U.K.(連合王国)と、U.S.A.(合衆国)との合資で設立されたクウエート石油会社が、試掘を重ね、開削したのがブルガン油田。ちなみに、当時のクウェートはU.K.(連合王国)の自治保護領だった。(完全独立は1961年)
 クウェート石油会社は、1980年に国内の関連産業のほとんどが国有化されるまで、クウェート油田の採油権をほぼ専有していた。

【参考】 「(クウェート国の)経済」(在日クウェート国大使館

GM向け参考情報

用途

 クウェート政府が取り組んでいる他国資本誘致政策をきっかけに、龍三合がクウェートの都市部や港湾に勢力を浸透させてる、って設定はありだと思います。

 GMさん次第ですけど、イラク戦争と同時に、進駐したU.S.A.(合衆国)警備軍を隠れ蓑にしたシュープリームと、龍三合とが、別拠点で勢力を棲み分けつつ、競合してるって設定は、もっともらしいと思います。

活用や検討

活用

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/12/21 18:54:21
キーワード:
参照:[アジア州のランド・マーク] [アジア州の現存国家] [ランド・マーク] [クウェート国]
このページは凍結されています。