新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ミール

ミール 
簡易版

英語表記
Mil

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ミール」は、アイルランドのケルト系部族の始祖、と伝えられた伝説上のキャラクター。

 「ミールの息子たち」と呼ばれた一族が、イベリア半島からアイルランドに侵攻。島の先住者と戦って打ち勝つと、アイルランドを支配した、という伝説が知られている。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「ミール」の名は、ラテン語?で「イスパニアの戦士」を意味したミル・イスパニア(M?l Esp?ine)が古い形だった。近代になると、ラテン語風に造語した「ミレシウス」の名で再話が書かれた例もある。

 伝説によれば、彼は「ゴラム(Golam)」又は、「ガラム(Galamh)」という名の傭兵で、はじめはスキタイ地方?で、その後エジプト?で将軍を勤めた。あるいは、「ゴイデル・グラス(Go?del Glas)」と言う名のスキタイ人で、バベルの塔?の崩壊にも立ち会った人物だった、と言われることもある。

 「子孫がアイルランドを支配するだろう」との予言を得た彼は、西方に旅して、ローマの属州イスパニアが営まれていたイベリア半島に到達。イスパニアでは、何度か戦った後に死んだ。

 ガラムの妻だったスコタとガラムの甥だったイースは、ガリシア王?ブレオガン?が建造した巨大な塔の上からアイルランドを望見。偵察のためアイルランドに渡ったが、イースはトゥアター・デ・ダナンの3人の王に殺されてしまう。スコタがイースの遺体をイスパニアに持ち帰ると、ガラムの8人の息子たちと、イースの9人の兄弟たちは復讐を誓って、アイルランドに侵攻。トゥアター・デ・ダナンを打ち破ると、予言どおり、アイルランドを支配することになった。

 11世紀頃、神話的な歴史譚を収集再編したと思える『アイルランド来寇の書?』では、ミールは『旧約聖書?』にも名前が見えるノアの息子の1人、ヤフェト?の子孫だった、とされた。

 「来寇の書」の物語では、ヤフェトの子孫の一団は、大洪水の後、スキタイ人の祖先になったとされた。スキタイ人の族長の1人フェニウス・ファルサ?の息子と、エジプトのファラオの姫スコタとの子供がゴイデル・グラス。ゴイデル・グラスの息子、あるいは遠い子孫がミールだった。

 ミールはイベリア半島で生まれたが、成長してから傭兵として活躍した、と「来寇の書」の物語は記している。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/28 22:07:03
キーワード:
参照:[スコタ] [ゴイデル・グラス] [神話、伝説のキャラクター] [ミールの息子たち] [トゥアター・デ・ダナン] [シード(異界)] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。