新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

シン・シュム・リシル

シン・シュム・リシル (Sin-shumu-lishir) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 シン・シュム・リシルは、アッシリア帝国?の末期、アッシュル・バニパル死後の混乱期に、バビロニア地方?の支配者を僭称したと思われる人物。上級の宮廷宦官だった、と言われている。

 「短期間、アッシリアの支配者だった」と言われることもあるが、これは疑わしい。もし、アッシリアの支配者を称すことがあったとしても、こちらは確実に僭称だっただろう。

 細かな事跡はほとんどわかっていないが、アッシュル・バニパルの息子アッシュル・エティル・イラニの、政治的後ろ盾(宮廷での相談役?)だったのが、エティル・イラニを殺害してバビロニアの支配権を簒奪した、と言われることが多い。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 アッシュル・バニパルの死の前後のアッシリア帝国の出来事は、記録が乏しい。知られている記録は、断片的なものばかりだ。特に、シン・シュム・リシルが関わったと思われる出来事の再構成は、ほとんど不可能とも言われている。

 ウルク?から出土した王名表?を信じるならば、シン・シュム・リシルは、シン・シャル・イシュクンアッシリア王位に就く前、1年に満たない期間、支配者の地位にあったことになっている。

 これはB.C.626年頃の出来事と思われ、アッシュル・バニパルの死がB.C.627なら、その翌年にあたる。アッシュル・バニパルの死がB.C.631年なら、死の5年前にバビロニア地方で支配権を執ったことになる。

 『ナボポラッサル年代記』によれば、シン・シュム・リシルがアッシュル・エティル・イラニを殺害したのは、B.C.623年頃、と思われる。

 あるいは、シン・シュム・リシルは、少なくともバビロニア地方の1部を数年間支配した、との解釈も唱えられている。こちらの意見では、その支配の期間は、B.C.632年頃からB.C.626年頃かのいずれかの期間とされる。6年間に渡ったとは考えづらいが、1年に満たない期間という短さでもなかった、と言われる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/10/28 10:16:18
キーワード:
参照:[新アッシリア時代] [歴史上の実在人物] [アッシュル・エティル・イラニ] [シン・シャル・イシュクン]
このページは凍結されています。