新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ストーンヘヴン

ストーンヘヴン (Stonehaven) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ストーンヘヴン」は、スコットランド中部東岸の港町で、あまり大きくない入り江に面している。北海に面したグランピアン・コースト沿いの町。2007年現在は、アバディーンシャー?に属していて、アバディーン市?の南南西25kmほどにあたる。

 しばしば「(広義の)ハイランド地方の東の南端」とイメージされている。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ストーンヘヴンは、人口9,500人内外の港町で、主な産業は漁業。景勝地としても知られ、リゾート客も訪れる。

 スコットランド東岸を走る基幹道、主要地方道は、町の外縁を囲むように走っていて、町並みの歴史的景観はかなり保存されている。


 16世紀頃の地図を見ると、ストーンヘヴンの町は、ストーンハイヴ(Stonehyve、又は、Stonehive)と記されている。

 町は、沿岸をアバディーンの南端に通じる古道の基点あたった。この古道は中世にはすでに盛んに用いられていたもので、考古調査にによれば、古代には、既に往来が盛んだったようだ。

 中世から近世にかけては、スコットランドのハイランド地方に至る東の要衝として、重要だった。

 現在も、町の近郊には、フェテレッソ城?(Fetteresso Castle)、マッカルズ城?(Muchalls Castle)などが遺る。また、町の南2.4kmほどに位置する、高さ45kmの断崖の上には、ダーノッタ城址?が存在。こちらは、メル・ギブソンが主演した映画『ハムレット』で、ロケ地として使用された。

 現在の町は、スコットランド英語で「オウルド・トウン(Auld Toun)」と呼ばれている海辺の港町から内陸方向にも発展。特に、北海油田が発見されてからは、大きく発展したアバディーン市に通勤する人たちの住居が増えた。新たにストーンヘヴンに居住するようになった新中産層の住宅街が、古い港町の外縁から広がっている。

 町の主要な産業は、漁業と観光業。毎年7月に催されるハイランド・ゲームの協議会や、大晦日に催されるホグマネイの祭(Hogmanay)などが有名。

【参照地図】

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 ストーンヘヴンの町の西で、町を取り囲むように敷設された国道A90のすぐ外に位置するフェテレッソ城?では、1997年の発掘で、新石器時代の遺跡が確認された。城の近くには、リング状マウントの痕跡も知られている。

 ストーンヘヴンの町自体も、古い港町(オウルド・トウン)は、新石器時代に漁労を主生業にした集落が中世にかけて継続発展したもの、と言われている。

【参照地図】

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/01/22 18:17:21
キーワード:
参照:[スコティッシュ・ハイランズ] [グランピアン・コースト]
このページは凍結されています。