新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

Truth In Fantasy 『古代遺跡』

森野 たくみ、松代 森弘 共著,『古代遺跡』(Truth In Fantasy 41)

どんな本か

 世界各地の遺跡から、「石の遺跡」を中心に73件の遺跡をピックアップした概説集。

 ユネスコ世界遺産については、類似の切り口の書籍も見かけますが、考古遺跡に絞って、この価格帯でワールド・ワイドに通観した概説書は、あまりないと思います。

 類書は、より高い価格帯であるか、あるいは、扱う地域が限定されているか、もしくは、地域を限定した書籍がシリーズで刊行されているかが、よくある例でしょう。

 また、この本は「遺跡にちょっと興味があるが、専門的なものは読みたくないという人に向けて、歴史など知らなくても面白く、気軽に読めるものをという意図で執筆」された、とのことです(『古代遺跡』、「はじめに」より)。

書誌情報

森野 たくみ、松代 森弘(共著),Truth In Fantasy? 41 『古代遺跡』,新紀元社,Tokyo,1998.
ISBN 4-88317-322-4

感想コメント

「ブルーローズ」にどう役立つか

  • ブルーローズ」のキャンペーン環境で、セッション・メンバー間の話題共有ソースとして使っていくといいと思います。
  • 超古代文明、古代史ロマンと言っても、メンバー間でイメージのバラつきが大きすぎる場合に、「共通話題のソース集」の1つとして扱うことをお勧めします。同じ、Truth In Fantasy シリーズの『超古代文明』(朱鷺田祐介)と併用するとなお効果的でしょう。
  • 遺跡を巡る古代史のロマンについては「歴史など知らなくても面白く、気軽に読め」と、手堅い整理とが両立されています。トンデモ系の超古代説については、コラムなどで軽く触れられていますが、基本的には記述は薄いです。こちらについて『超古代文明』などで補っていくといいでしょう。
  • ただし、「ブルーローズ」のセッションでは、この本の内容も、ルールブックにある言い回しの「諸説ある」話題の「諸説の1つ」として扱っていくことをお勧めします。この点の合意さえ成り立つなら、古代史ロマンやトンデモ・ネタ超古代説にさほど詳しくない人も含めて、「共通話題のソース集」として効果的に使っていけるでしょう。
  • 残念ながら、イメージ・イラストの類は豊富ですが、遺跡図の類は見当たりません。シナリオ・メイク用などの資料ソースとしては他の資料も併用した方がいいでしょう。

「ブルーローズ」を離れてみるとどんな本か?

  • [この本を書いている間にも、アンコール・ワット遺跡の北西に、人工衛星によってカピラプラ遺跡が発見されるなど、新しい遺跡の発見があった。まさに『過去は変わっていく』」
    (『古代遺跡』、「あとがき」p.287)
    「遺跡にちょっと興味があるが、専門的なものは読みたくないという人に向け」「気軽に読める」概説集として、刊行時(1998年)現在の知見が読みやすくまとめられた本です。

感想コメント(新規)

  • 記名書込の選択肢もありとします(記名書込みは、当然、当人以外の書き換え不可になります)。
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/29 00:41:07
キーワード:
参照:[書籍紹介] [Truth In Fantasy 『超古代文明』] [書籍紹介 ベーシック・ピックアップ]
このページは凍結されています。