新規作成  ソース  NOVA Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

組織

組織

リスト

英数字

F.E.I.R.
Far East Investigation and Researchの略。世界三大データベースの一つを擁する独立系情報調査会社。反日テロの標的となり攻撃されたことがある。前社長の鈴吹太郎はN◎VA世界の創造者、サン・ジェルマン伯爵がこの世界に放った分身だった[1st]。会社の中核は日本政府の情報機関。現在はN◎VAから撤退しているようである[D]。
G.C.I.
General Cybernetics Internationalの略。災厄前から続く北米系の名門企業で、サイバーウェア部門では千早を上回るほどの企業だった。しかしIANUSの脆弱性発覚から始まる新型開発競争での敗北とそれにまつわる醜聞、テロリストによるアーコロジー占拠、倒壊事件によるN◎VA撤退、サーガSATANNの事故などで大きな打撃を受け、現在はテラウェアに買収されている。

あ行

天津家
市民ランクSを持つ日本の特権階級。日本拡大派の中心的存在であるらしく、前N◎VA司政官の天津昴一郎も傍流の一人であったと言われている。様々な企業に資本投下を行い、その見返りとして天津の人間を送り込んでいる。

稲垣機関
稲垣光平が個人的に擁する私兵集団。書類上は存在しないはずの人物が多く所属していた。トップの細野君朗は暗殺された[RR/SSS-16]が、今だ組織は健在のようである[D]。
イワサキグループ
千早と並び称される軍需産業を中心とした企業体。かつてはN◎VAにアーコロジーの建設を図っていた[R/メールゲーム]が、千早との抗争に敗北したことや会長である岩崎誠の死による内紛などにより、現在はN◎VAの衛星都市であるヨコハマLU$Tに拠点を移している[D]。退役日本軍人の再就職先としても積極的に門戸を開いているらしい。本社は軌道、オービタル・イワサキ。

か行

河渡連合
N◎VAの代表的なヤクザ組織。M○●Nから進出を図った秋川会や、中国系の三合会と抗争をする中で武装の強化が進み、秋川会の撤退という形でアサクサ戦争を終結させる。その後もフロント企業を獲得し経済力を増すなど力をつけてきている。

さ行

サーディク家
軌道三大名家の一[R/トータルエクリプス]。アフリカの富豪サーディク家が災厄前、世界の資産家に呼びかけて結成した。貴族主義的理念のもとバイオテクノロジーにより最適化された遺伝子を持つため、もはや通常人類との交配は不可能であるともいわれている[D/SSS-5]。拠点は軌道上、ルオド・ルオディ。

SSS
シノハラ・セキュリティ・サービスの略。千早系列の民間警察会社。N◎VAで警官と言えば彼らのこと。

た行

千早グループ
重工業を中心とする世界屈指の複合企業体。日本のエネルギー衛星アマテラスも千早重工が打ち上げたという実績を持つ。組織が肥大化した今日でも書類上は創業会長である千早俊之の個人事業となっている。現在は日本から派遣された幹部が浸透した軌道本社とそれに対抗する地上勢力の派閥争いが激化している[R-D]。
超AI
最も早くから存在していた自我を持つAI。26体存在するとされ、ギリシア文字アルファベットのαからωまでが名前になっている。それぞれがスタイルひとつひとつを象徴している。

天罰戦隊ハイランダー
1stに記述のある組織。カタナレッド、カゼブラック、カブトブルー、チャクライエロー、マネキンピンクの五人と隊長、敵か味方か謎のカゲがいる。クグツ団や裂牙団と戦っているらしい。

な行

南部
民間警察会社の一。

日本
災厄直後にかつての海岸線を封鎖。人口食料の培養技術と引き換えに全世界に対し鎖国を宣言した。本土に対する封鎖は徹底的で、現実世界はもちろん、ウェブ、アストラルからも進入を拒んでいる。

は行

フェスラー家
ヨーロッパの貴族をルーツに持つ軌道三大名家の一角。投資によって得た資産で美術品の蒐集や美術家のパトロンをする傍ら、反日活動のパトロンという裏の顔も持つ。拠点は軌道上、スターライト・サイド。
フェニックス・ソフトウェア
レ・トロン・ド・ルテチアのカッコウ?が独立して起業したソフトハウス。

ま行

や行

ら行

レ・トロン・ド・ルテチア
ヴィル・ヌーヴ系のトロン企業。N◎VA中央区にアーコロジーを持つ。企業ユースではトップシェアであったが、ソフトウェア大手のテラウェア・コーポレーションにより一部の独立法人を残し買収された[D]。

わ行

資料リンク

リンク

更新日時:2006/12/08 18:55:31
キーワード:
参照:[N◎VA軍] [0_TemplateOrganisation] [世界設定] [資料] [ブラックハウンド] [小辞典]
このページは凍結されています。