新規作成  ソース  りゅうたま新聞社  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

『セシリーのラクダと小さな木箱』(日誌:Kir)

セッション名

『セシリーのラクダと小さな木箱』

作成日 

2008/1/2

竜人 

『黒竜』エルウィン

パーティ名 

新年一回目パーティー(仮)

パーティメンバー

パドゥシャ(マーチャント/マジック)
ヴァテッド(ノーブル/アタック)
リズ   (ヒーラー/マジック)
ロギン  (ハンター/アタック)
キール  (ファーマー/マジック)

パーティ目標

セシリーの手助け

旅の目的地 

パディット

役割分担

リーダー:特に居ない 多分ロギン
マッパー:パドゥシャ
荷物係:パドゥシャ
日誌係:キール含め数名

季節

1Day 機『乗りかかった船』

地形 / 天候

街道 /晴れ(積雪)

出来事

年も越してしまった昼、今頃シャンパーニ村に着いて少しは休めたはずが、吹雪に合い遅くなってしまった。
それでもようやく村の見えたころ、街道の脇に少女が倒れていた。
身体の冷え切っていた少女…セシリーといった、彼女は村で休んだ方がいいという言葉に構わず、連れていたラクダのエールと、大切な木箱を探しに行くといい、聞く様子はなかった。よほど大事なものらしい。
「クロキリ島にこんな格言がある。「乗りかかった船」・・・ゆうやっちゃ!」
セシリーと一緒に森の中へと探しに行くことになる。どうやら彼女は何者かに気絶させられた様子。ということは、「何か」が連れ去っていたということか。

1Day 供『ネコゴブリン』

地形 / 天候

森 / 晴れ

出来事

森に入るが、皆、寒さで体調は芳しくなさそうだ。夜になるまでに見つけたい所だな。
リズやロギンが足跡や野営の後を辿ると、川の上流にネコゴブリン4匹がラクダを連れているのを見つける。
「何してるごぶにゃーか。」
「ごめんごぶにゃー。こけたごぶにゃー。痛いごぶにゃー(ノ;)」
「まったくもって情けないごぶにゃー」
ラクダの上には木箱もある。間違いということもないだろう。不意打ちで一気にケリをつけちまおう。



セシリーには後ろに離れてもらう。リズ、パドゥシャは後ろから、残りのメンバーでネコゴブリンを強襲する。
リズがスリングで牽制した所を、岩陰から飛び出した猟犬の一撃で気絶させる!
ヴァテッドが攻め入る様子を伺い(…って、不意打ちじゃなかったか)ロギンが凍った川面から飛び出して、ネコゴブリンのリーダーを撃つ。
「キンキンに冷えた矢を食らえやあ!」
……「寒そう……」…「うわぁ…寒そうだなぁ;」…「「風邪引くなよー…」……
総ツッコミは入ったが、敵のリーダーに一撃を与える。
しかし、リーダーは森の木を駆け上り、一気にロギンへと飛び掛った!
………ずてっ…
『(;´ ̄ー ̄)(降伏したほうがよい気がするにゃ、、、)』
気持ちも判るくらい、盛大にコケてたな。そのままネコゴブリンの手下は戦意を失って降参したが、リーダーだけは意地でも抵抗していた。
戦意を失わないリーダーに、待機していたパドゥシャが魔法で困惑させる。
更に続けて魔法をかけようとしたが、何所からか声が聞こえ失敗に終わってしまう。
そして機会を伺っていたヴァテッドが、怯えたまま一撃を(悪いが、アレは当たらないと思った)入れようとした、その時にも不可思議な力が加わる。
…あれは…。



気絶し、戦意を失ったネコゴブリンたちからラクダと、木箱を取り戻し(ついでに、こいつらの巣から奪ったものを回収して)村に戻ることにする。
戻る道が判らなくなってしまったんで、ネコゴブリンたちに道案内もさせたけれどなあ。すっかり忘れてた。

1Day 掘『イイヒト 村長』

場所 / 天候

シャンパーニ /晴れ

出来事

セシリーとラクダのエール、それに捕らえたネコゴブリンとシャンパーニ村に到着、盗まれたものを返し、村人に非常に感謝される。
ネコゴブリンは、ロギンの提案と村長の計らいで、村での仕事がもらえることになった。
『き、きっちり働かせてもらうごぶにゃぁ〜(pq)』
お礼に村長から一人400と、一人部屋での一泊させてもらう事ができた。

2Day 機『木箱のウェディングドレス』

場所 / 天候

シャンパーニ / 晴れ

出来事

次の日、セシリーが風邪をこじらせていた。前の日、大丈夫だといていたがこの時期に外で倒れていたのだから…。医者はいなかったが、幸いにも村のヒーラーは一日休めば、という事だった。
しかし、セシリーはフラフラなのに明日までに隣村、パディットまで自分で届けたいという。
皆、休んだ方がいいというが、セシリーには、どうしても明日隣の村に木箱を「自分の手で」届けたい理由があった。
それは、父親が再婚するというが、亡くなった母を忘れられないセシリーたち(兄がいるらしい)は家出し、しばらく親元から離れていた。その父親が明日結婚するので、再婚相手に、自分で縫ったウェディングドレスを渡したくて、旅をしていたのだという…。
「結婚式なら一日延ばしてもナンとでもなりますが、風邪の処置にとって一日という時間は……」
「そうや、誰かが急いで行って、事情を説明して、結婚式を延ばしてもらうのはどや!?」
セシリーは申し訳ない、といったが「乗りかかった船」だったか? リズをセシリーの看病に残し隣村のパディットに向かった。

2Day 供『友の旅路に竜の導きがあらんことを』

地形 / 天候

街道 / 晴れ

出来事

出発間際、リズに魔法の導きを受け、村長から1日だけとはいえ馬を貸してくれたおかげで
パディットまでたどり着くことが出来た。

2Day 掘『想い届く』

場所 / 天候

パディット / 晴れ

出来事

パディットに着いて早々、村人の中からセシリーの父親を探し出す。
明日の為、セシリーが隣町まで来ていることを伝え、驚いていた。
ここまできたが、風邪で動けなくなってしまい、結婚式を一日延ばしてほしいことを伝える。
初めは難しそうにしていたが、セシリーの願いであったことを伝えると、花嫁の賛成も貰え、
結婚式を遅らせてもらえる事となった。

4Day fin

二日後。
パディットの村の小さな協会。
そこで催された小さな結婚式。
新しく嫁いだその女性は――
その家の娘の編んだドレスを着て、式を迎えた。

出会った人たち

セシリー

  • 幸せにな


エール(ラクダ)

  • 無事でよかったな


セシリーの父親

  • 家族大事にしろよ。…そーいや、息子はどうするんだか


その花嫁

  • やさしそうな人でよかったよ


シャンパーニ村 村長

  • あんたイイヒトだ、ありがとうな


ネコゴブリンたち

  • 笑えて、マヌケだったなあ。頑張れよー

報酬

村長から     一人あたり400
セシリー父親から 一人あたり150

更新日時:2008/01/02 14:15:25
キーワード:
参照:[旅日記置き場(仮設)]
このページは凍結されています。