新規作成  ソース  TnT Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

コンプRPG

コンプRPG

角川書店より発行されていたTRPG雑誌

ハイパー・トンネルズ&トロールズのサポートを行なっていた。 ゲームクエストへのリニューアル時に、HTTのサポートは終了。

データ

出版社
角川書店
発行形態
最終的に隔月刊。コンプティーク増刊である。コンプティーク増刊の季刊誌として1991年11月30日創刊。B5の平閉じ。1994年8月30日発行の12号より隔月刊化し、横書きから縦書きに変更された。
定価
隔月刊になってからは880円。創刊当時は定価880円だったが、5号より900円となった。しかし隔月刊に移行後には880円に戻している。
内容
ガープスとロードス島戦記を中心としたTRPG専門誌。
現状
1996年10月30日発行(実際には9月30日)の10月号でコンプRPGは終了し、ゲームクエストという新雑誌に生まれ変わった。

廃刊・休刊・TRPG取り扱い停止雑誌より。

記事リスト

Vol.8〜9

ハイパーT&Tアカデミー
スコット・フェイ・パヴァの3人が、リプレイ形式で各テーマに従い、HTTについて解説しています。さらに、30パラグラフ程度で構成されたソロアドベンチャーが最後についてます。

Vol.10

ハイパーT&Tアカデミー第3回。清松みゆき/Nikov。

D'sヘヴン出張所(3)
P138〜P141前半。魔法について。
ミニシナリオ「卒業試験(追試)」
P141後半〜P143。ミニミニソロ・アドヴェンチャー

Vol.11

特集1「ハイパーT&Tコマンド発令!」

ファンタジーTRPGの名作「ハイパーT&T」の魅力を徹底追求
P6〜P15。カラーページでHTTを紹介。
ハイパーT&Tノベル「フェアリーが偉いの!?」
P130〜P153。安田均&北沢慶/米田仁士。
ハイパーT&Tシナリオ「シェニクの掟」
P154〜P158。黒田和人/豊島百合子

vol.12 8月号〜vol.13 10月号(リニューアルされたため表記が異なる)

ハイパーT&Tシナリオ
9Pのシナリオと、2Pのプレイレポートで構成。:ここからコーやルースンのパーティがサンプルキャラとして登場。

(Vol.10や11のような形になるように補足していただけると助かります。手元には内容のざっとした情報しかないので)

vol.14 12月号

ハイパーT&Tシナリオプレイレポート
シナリオはなくなり、プレイレポートのみ。さらにハイパーT&T プレイヤーズギルドが開設され、読者投稿イラストやQ&Aが掲載される。

vol.15 2月号〜vol.24 8月号

ハイパーT&T ワンダリングドラクーン
ようやく名称が決まり、画期的にも通しナンバーがつく。内容も、各キャラクターの自己紹介から始まり、新規一転を主張。

さりげなく呪術師アリルが魔術師エリルに入れ替わっている。さすがに呪術師は弱いと気づいたらしい? 9号分掲載され、最後は空からの落とし物―ハイパーT&Tリプレイ (角川文庫―角川スニーカー・G文庫)(安田 均/北沢 慶/グループSNE)に続くという形で締めくくられている。

vol.18 8月号

プレイヤーズ・ギルド名所大特集
これまでの内容に加えて、読者投稿による町や名所の案内ページが掲載。以後の号にもたまに載っているはず。

 

vol.25 10月号

ハイパーT&T ワンダリングドラクーン スペシャル
リプレイ終了後、締めとして簡単なキャラ作成およびルールの解説ページが設けられる。

さらに、わずかではあるがHTT正誤表も掲載される。 これをもって連載は終了。

vol.25の次の号から、コンプRPGの大幅リニューアルが行われ、雑誌の名称もゲームクエストに変更される。

更新日時:2007/11/16 00:35:21
キーワード:
参照:[書籍] [雑誌] [角川書店] [小辞典]
このページは凍結されています。