新規作成  ソース  ボードゲームWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

萌え系マルチカードゲーム『三国志 天下三分の計 にょた!』

萌え系マルチカードゲーム『三国志 天下三分の計 にょた!』

新作生産型マルチゲーム三国志 天下三分の計 にょた!以下のリリースを国際通信社さまより頂きました。

三国志のキャラクターを女性化してデザインしたカードゲーム。TCGではない。2006-04-20発売予定。

ニュースリリース

タイトル
萌え系マルチカードゲーム『三国志 天下三分の計 にょた!』
定価
2,520円(税込)
イラスト
唐弥霙/山口宗春
サイズ・内容物
高さ4cm ・文庫本サイズ程度の大きさのケースに入っています
カード
39枚(領土カード19枚、武将カード9枚、イベントカード8枚+スペシャルカード3枚)、カウンター:64個
プレイ人数
3〜4人
プレイ時間
1時間程度
ゲームデザイン
砂漠のキタ
関連HP
http://www.kokusaig.co.jp/CMJ/nyota/

お求めは、全国のホビーショップや楽天「a-game」等の通信販売で!!

内容

三国志のキャラクターを女性化してデザイン!

『三国志 天下三分の計 にょた!』はプレイヤーが三国志の英雄となり、山札の武将や軍師カードを手に入れ、エリアカードを平定して支配地域を広げることで勝利を目指す、拡大生産型マルチゲームです。TCGとは違い、この商品単品で遊んで頂くことができます。

なぜキヤラクターを女性化(=にょた)するのか? 理由はそのほうが「萌える」から。三国志キャラクターを女性化したアニメや漫画は、萌えブームに乗ってアニメ・ゲームファンを中心に人気を博しています。また、三国志とゲームはもとより非常に相性がいいのです。

「ならば『萌える三国志ゲーム』があってもいいじゃないか」という考えのもとに生まれたのがこのゲーム。

支配領域やイベントが大きな意味を持つゲームシステムですが、そこに「キャラクターへの萌え」が加わることにより、プレイに対する「燃え」がさらに激しくなるのです。

更新日時:2006/04/14 18:29:59
キーワード:
参照:[三国志 天下三分の計 にょた!] [ニュースリリース]