新規作成  ソース  ガープスWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

百鬼夜翔

百鬼夜翔

 日本語版ガープスのオリジナル展開タイトルの1つ妖魔夜行の後継タイトル。(奥付け頁他では、“2nd Stage”との表記も見られる)

 第3版、つまり『ガープス・ベーシック完訳版』のルールブックに、ルールブック『ガープス・百鬼夜翔』を併用することで遊べる。

 妖魔夜行のサプリメント類で、公開された追加ルール、追加設定を統合し大幅な改訂が加えられた。

 パッと目につく点だけでも、人間への態度?の再編成、一族?など、特殊な形態の妖怪集団のルール的な定義など、百鬼夜翔で新たに整備された重要ルールは少なくない。

 追加選択ルールの「蛹化、羽化」のルール(『ガープス・百鬼夜翔』、p.239)を使えば、妖魔夜行で遊んできたPCを百鬼夜翔用に再調性することもた易い。

特徴

世界設定、PCの立場など

 背景世界の文明レベルは、「7から8への過渡期」と定義された(『ガープス・百鬼夜翔』、p.20)。(妖魔夜行の背景世界は文明度7だった)

 ワールド設定面では、妖怪実在の秘密が一部人間集団に漏れた設定にシフトした点が、最大の変更点だろう。

 追加選択ルールの妖具?を選択すれば、人間の妖怪ハンターなども扱い易くなっている。

 反面、第2次関東大震災の導入など、大きな架空設定がいくつか導入され、「妖怪が実在するだけで、人間社会は現代と同じ」といった妖魔夜行の入り易さは薄れたのが残念。

(第2次関東大震災は、小説版妖魔夜行のストーリーにみられる設定だが、関連した設定とともに、ルールブックのp.220などに記述が見られる)

キャラクター・メイク関連

 妖怪基本セットの改訂、人間への態度?の再編成、など、妖怪と妖怪との関係、妖怪と人間との関係を扱うルールが細かく整備された。

商品情報

ルールブック(『ガープス・百鬼夜翔』)

ガープス・百鬼夜翔』,安田 均(監修)、友野 詳?グループSNE(著).


リプレイ


小説版(シェアード・ワールド・ノベル)シリーズ

検討(ここまでの記事についてのコメントなど)

  • 増えたら、話題ごとに分け、リンクしていきます。

雑感(百鬼夜翔についての感想など)

  • 増えたら、話題ごとに分け、リンクしていきます。
更新日時:2005/09/28 10:38:25
キーワード:
参照:[妖怪基本セット] [妖魔夜行] [世界設定] [妖魔夜行・百鬼夜翔] [ToDo] [ガープス・百鬼夜翔]
このページは凍結されています。