新規作成  ソース  ガープスWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

リング★ドリーム

リング★ドリーム

 日本語版ガープスのオリジナル展開タイトルの1つ。

 通称、“リン★ドリ”。ルールブック、他では「女子プロレス最強伝説」の惹句が用いられている。

 第3版、つまり『ガープス・ベーシック完訳版』のルールブックに、ルールブック『ガープス・リング★ドリーム』を併用することで遊べる。

 女子プロレス団体に所属する選手をPCに、自キャラ以外はずべて敵(ライバル)というスタンスで、女子プロレス戦国時代の頂点を目差すTRPG。

 ゲーム的には、PCを、強く、「威厳」があり、観客を“魅せる"レスラーとして成長させていくのである。もちろん「自分独自のレスリング・スタイルを追求」など、プレイヤーが独自の目標を複合させても構わない。

 『ガープス・マーシャルアーツ』ルールの部分共用、キャラのコンバートは可能だが、別のゲームである。

世界設定、PCの立場など

 背景世界は、「現代日本と同じ」とのみ設定されている。文明レベルの規定は見当たらない、ルールブック刊行時は文明度7、21世紀初頭の現在では「7から8への過渡期」と言ったところか?

 PCは、基本的には、GMが設定した、同じ女子プロレス団体に所属することになる。

 よほどの多人数でキャンペーン・プレイをする、あるいは、各プレイヤーが複数PCを担当するなどの凝った遊びかたをするのでない限り、PCが属す団体が異なると、遊びづらくなるだろう。

 ちなみに、リング★ドリームのキャラクターは、所属団体の規模に応じて、収入や「威厳」の数値などに変化が生じる。

キャラクター・メイク関連

キャラクター・メイク
 ベーシックなキャラクター・シートに、追加キャラクター・シートを組み合わせたものを使うタイプ。
CPレギュレーション
 おそらく、150CPで、「新人・若手選手」を作るレギュレーションが、スタンダードな遊びかただろう。あるいは、250CPで「中堅選手」を作って遊んでいってもいいかもしれない。
 他に、100CPが「入門前(で女子レスラーを目指している)キャラクター」、300CP以上が「トップクラス」の選手、というレギュレーション。これらのレギュレーションでPCを作っていけない、ということはないはずだが、どちらかと言うとNPC向け。PCとして使うのは、凝った遊びかたの部類になると思われる。

商品情報

ルールブック(『ガープス・リング★ドリーム』)

ガープス・リング★ドリーム』(角川スニーカー文庫),佐脇 洋平(監修)、泥 士郎?と、すたじお実験室?(著).

リプレイ

『少女たちのテンカウント ガープス・リング★ドリーム・リプレイ』

『少女たちのテンカウント ガープス・リング★ドリーム・リプレイ』(角川スニーカー文庫),泥 士朗?と、すたじお実験室?(著).

  • ルールブック『ガープス・リング★ドリーム』で設定された、新日本女児プロレス?所属の女子レスラーたちをPCとしたセッションのリプレイ集
  • 書名は、『ガープス・リング★ドリーム・リプレイ』が主題名。「少女たちのテンカウント」が角書き副題。
  • リプレイ記事8本を採録(内2本は、前、後編の扱い)
  • 文庫判、本文231頁(付録などは除く)

資料リンク

リンク

検討(ここまでの記事についての意見など)

  • 増えたら、話題ごとに分け、リンクしていきます。

雑感(リング★ドリームについての感想など)

  • 増えたら、話題ごとに分け、リンクしていきます。
更新日時:2005/09/29 09:02:27
キーワード:
参照:[ガープス・リング★ドリーム・リプレイ] [世界設定] [ガープス・リング★ドリーム] [ToDo] [誤解されたルール]
このページは凍結されています。