新規作成  ソース  D&D Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

FAQ

FAQについて

 適宜、修正とか追記してください。

初心者向け情報

最初に何を買えば良いですか?

 ダイス各種  D&Dは様々なダイスを使います。d4からd20まで一通り(d4,d6,d8,d10,d12,d20)用意しましょう。卓内で融通しあっても問題ありませんが、頻繁に使うダイスはd20が1つなので、できるならば全員が自分専用のd20)を持つようにしましょう。

 よく使うダイスについて

 キュア系呪文の1d8、ダメージ呪文に多い1d6、マジック・ミサイルの1d4は使用頻度が高いため、多く持っていると便利です。

 ルールブック  プレイヤーならば、プレイヤーズハンドブック(PHB)をとりあえず。マスターをするならば、プレイヤーズハンドブック(PHB)、ダンジョンマスターガイドブック(DMG)、モンスターマニュアル(MM)を買うのが良いでしょう。  ただ、プレイヤーをしていてもDMG, MMはあると便利なので、将来的には購入すると思いますが。  日本語版の現在の最新のものは3.5版と呼ばれるものです。間違えて古い3版を買わないように注意しましょう。

 3つのルールブック

  • プレイヤーズハンドブック:キャラクターの作成方法、ルール(判定方法)など
  • ダンジョンマスターガイドブック:DMとしての心得や技術、世界設定、上級職業など
  • モンスターマニュアル:モンスターのデータ

 無理に買わなくて良いもの  ミニチュア。別に買わなくても遊べます。あれば見た目に楽しいですが。

おすすめのサプリメントはありますか?

 →世界設定が欲しい  日本語で展開されているオフィシャルの世界設定は、グレイホークフォーゴトン・レルムエベロンがあります(特徴は後述)。

 また、日本独自の君が作る街、トーチ・ポートという街ひとつとその周辺を扱ったd20サプリメントもあります。

 グレイホーク

 「グレイホーク・ワールドガイド」で詳細に解説されている、D&D3.5版の基本となる世界設定です。特に追加されるルールもありません。未設定事項も多いため、プレイグループごとにいじりやすい世界でしょう。

 また、基本ルールブックやワールドについて記述の無いサプリメント(大全シリーズなど)に書かれている設定は基本的にグレイホークのものとされています。

 フォーゴトン・レルム

 アイスウインド・サーガ?やダークエルフ三部作?の舞台となったフォーゴトン・レルムことフェイルーン?は、神々のおよぼす影響が強い世界です。

 細かく設定された世界設定ならではの、地域や信仰する神格独自の特技、上級クラスが特徴です。

 フォーゴトン・レルム・ワールドガイド?で紹介されていますが、3版の内容であるために3.5版用にデータを更新したフェイルーン・プレイヤーズ・ガイドも出版されています(こちらには世界設定についてほとんど書かれていません)。

 エベロン

 エベロン・ワールドガイドで紹介される世界設定です。魔法によって生活が近代化し、大陸全ての国が争う最終戦争と呼ばれる戦争を経て混迷する世界が舞台となっています。

 アクション・ポイント?や属性を重要視しないなど、ルールもかなり独自のものとなっており、PCの英雄性が強調されています。

 ワールドガイド、クラス本など詳しい人が書いてください。

市販シナリオはありますか?

 ホビージャパンから、『A Seven-game Match』が発売されています。

能力値をpoint-buy(ポイントバイ)と言われました。どういう意味ですか?

 ポイントバイとは、能力値をダイスを振って決めるのではなくてポイントを割り振って作成するオプションルールの名称で、DMGに記載されています。  PL間の不公平感が無い、DMの前でダイスを振る必要が無いので事前キャラメイク可能、など利点が多いので良く使われます。

 何点で能力値が幾つなのか、についてはSRD (Web上に無料公開されているD&Dのルールだが一部非公開部分がある)に公開されていない情報であり、これについてはDMGを買って調べてくださいとしか言えない。  ...もっとも、オンラインキャラメークツールなどで代用可能とも。

コンピュータゲームとの関係は?

 誰か、FRなCRPGに詳しい人が書いてください。

お金が無いのですが

 D&Dのルールの大部分はWeb上に無料公開されています。但し公開されているのは英語版のルールであり日本語版は公開されていません。という訳で、英語であることを苦にしないならば、無料で遊べます。

どうやったら見つけられますか?

 「SRD 3.5 d20」などのキーワードで検索すると見つかります。一応ポインタを上げておくと、

市販ルールブックと何が違うの?

 全部を網羅的に調べた訳ではありませんが、下記の項目はSRDでは公開されていません。

  • キャラクター作成方法(能力値決定ダイスの振り方、ポイントバイ方式のポイント)
  • 経験点が何点で何レベルになるか、レベルアップ方法、マルチクラス選択時の経験点ペナルティ、などレベルアップに関するルール
  • 背景世界(Greyhawk)に関する記述
  • マスタリングのアドバイスなどルールでは無い事柄
  • D&D固有と思われている一部の有名モンスター(ビホルダーとか)

 これらの非公開項目は、商品としてのルールブックが無いと遊びにくいようにわざと非公開になっている箇所であり、ネット上に書くと著作権上問題になる可能性があります。なので掲示板とかでは具体的な記述内容について「尋ねない・解答しない」のが望ましいでしょう。

 実際問題としては、ネット上で公開されているキャラメークツールなどを上手に使用すると、キャラメイクとレベルアップに関する問題は回避できるような気がしますが。

ルールに関する質問

D&Dのルールに関して不明な点があります

 「掲示板で尋ねれば誰か親切な人が教えてくれる」という考え方もありますが、例えば「ルール解釈の相違を公式なルーリングで解決したい」という場合などは、親切な誰かよりは権威ある存在の回答が望ましいでしょう。また、回答を待つ時間が無いなど、独力で解決したい場合もあると思います。

 そのような場合に有用なのが、公式のFAQを参照するというものです。既に誰かがWIzards of the Coast社に行った質問、あるいはDragon誌の質問コーナーから、一般性のあるものがここに採録されます。但し英語で書かれていますが。

 D&DのFAQはOfficial D&D Game Rule FAQからPDF版をダウンロードできます。おおよそ月一回程度の頻度で更新されているので最新版を入手しましょう。

 ほとんどの項目は日本語版でも通用するはずです。但し、D&Dのルールは最新のサプリメントの記述が採用される、という規則の元で考えると、日本語版オンリー環境で遊んでいる場合は、未訳サプリメントのルールを元に裁定され、あなたの環境とは異なってしまう可能性もあります。

 また、最後には「Your DM is always right.」(あなたのDMが常に正しい)なので、最終的にはFAQ記述を元にDMに相談するのが良いでしょう。

呪文とかで本により記載が違うのですが?

 基本的に後から出版された記載の方が採用されますが、日本語版の出版が原書の出版と全く同じ順ではないので原書の出版順で考えてください。判らなければDMに相談しましょう。

更新日時:2009/07/04 22:35:36
キーワード:
参照:[資料] [SideMenu] [D&D Wiki]
このページは凍結されています。