新規作成  ソース  TRPG.NET-Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

扶桑武侠傳

扶桑武侠傳 ふそうぶきょうでん

日本に似た架空の土地「扶桑」を舞台とした武侠TRPG。Role&Roll RPGシリーズ第三弾。

江戸時代後期に秋霖斎梅月(しゅうりんさいばいげつ)作、葛西北雨(かさいほくう)絵で創作された長編伝奇小説『扶桑武侠演義』のTRPG化らしい。

ダイスとトランプの両方を判定に使うルールも特徴。

小林正親

用語や登場人物

用語や人名
解説
扶桑 ふそう
ゲームの舞台。龍の形をした島国で、中央に霊峰「不死山」がそびえる。中世の日本に似ているが、ところどころ中国的な文化もあるようだ。
武侠 ぶきょう
体内の“気”を操り、常人離れした武術を身に付け、心に「生き様」を秘めた者達。PCは武侠である。
門派 もんぱ
武術の流派のこと。しかし、政治的・宗教的な組織になっていることもある。PCが使用できる門派は剣聖派、天蒼派、飛雲会、白虎派、凶門派、天文会の六つ。
剣聖派 けんせいは
剣の技に優れ、主に朝廷の命で動く門派。剣侠七戒という七つの厳しい戒律があり、これを一つでも破ると最悪の場合、破門される。
天蒼派 てんそうは
身体にある径絡秘孔を突く技・点穴術を用いて医療(時には武術)をなす門派。武器を禁じており、戦闘時には鉄笛や鉄扇で戦う(武器を使わず戦う者も多い)。
飛雲会 ひうんかい
趙飛雲が創設した門派。飛刀と軽功(気を操って空を飛ぶ)を得意とし、自らの心意気に従って生きる。
白虎派 びゃっこは
肉体を鍛え、義侠心厚い門派。武器を用いず、肉体と拳法のみで戦うことが多い(但し、長棍だけは門派功夫にあるので例外)。
凶門派 きょうもんは
毒を扱う門派。暗殺等も請け負う。毒と言うだけあって、奥義には一撃必殺のものが多い。
天文会 てんもんかい
「天下第一武侠」瑞覇が創設した、掌法(掌打や手刀等、拳法とは逆に手を開いて使う武術の事)を主体にして戦う門派。門人の殆どが元孤児によってなり、貧富の差などをなくすために戦う。そのため朝廷などと対立することが多い。一度でも敗北したら破門されるが、自分を負かした相手に倒せば許される。

メモ

書誌情報

『扶桑武侠傳』

新紀元社 Role&Roll RPGシリーズ

小説・扶桑武侠傳

  • いつのまにか消えた。

ロール&ロール

11号と12号で紹介記事を掲載。13号で単発リプレイを掲載。14号と20号でシナリオを掲載。16号〜25号でリプレイ「五つの花の歌」とサポート記事を掲載。18号と19号で連載漫画『スピタのコピタの』にてレポートを掲載。

話題まとめ

更新日時:2012/04/28 16:42:58
キーワード:
参照:[清水健司] [世界設定] [年表] [小林正親] [GameTitle] [ジャンル] [Role&Roll RPGシリーズ] [井上鮭]
このページは凍結されています。