新規作成  ソース  ガープスWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

東京クライシス

『ガープス・妖魔夜行リプレイ 東京クライシス』

 妖魔夜行のリプレイ集。東京、秋葉原に所在と設定されている妖怪?キャラのたまり場、海賊の名誉亭?所属のキャラをPCとしたセッションのリプレイ集。

 リプレイ4本を採録。

書誌情報

安田 均?(監修)、山本 弘?と、グループSNE(著),『ガープス・妖魔夜行リプレイ 東京クライシス』(角川スニーカー文庫),角川書店,Tokyo,1996.

ISBN 4-04-461434-2

カバーイラスト 青木 邦夫

カバーデザイン 小林 博明(K Plus artworks)

巻頭口絵、本文イラスト 青木 邦夫

巻頭口絵デザイン 小林 博明(K Plus artworks)

キャラクターイラスト 東 荒海(すたじお実験室)

地図イラスト 瀧口 天晴

  • 文庫判、本文288頁

書籍構成と採録リプレイ

 プレイヤーの立場を想定して読んでみると、キャンペーンを通じた仕掛けがわかっていく過程は面白そう。

 4本目のセッションのラストは、冒険の達成感と、ヒキ(後に残された謎)とのバランスもいい感じ。

 GMのセンスとテクは、ショート・キャンペーンの参考になりそうだ

プロローグ
小説スタイルにて、リプレイで扱う冒険の承前を描いたブリッジ・パート、PCたちの預かり知らぬ、陰謀の背景が語られている
キャラクター紹介
プレイヤーたちによる担当PCの紹介をリプレイ風に編集。各PCのキャラクター・シート添付
『シミュレーションSG]]』
「コンプRPG」1996年4月号、初出
インターミッション・1
小説スタイルにて、PCたちの預かり知らぬ、陰謀の背景が語られているブリッジ・パート
『ボマー来日?
文庫『東京クライシス』にて初公開
インターミッション・2
小説スタイルにて、陰謀の背景が語られているブリッジ・パート
『横須賀コネクション?
文庫『東京クライシス』にて初公開
インターミッション・3
小説スタイルにて、陰謀の背景が語られているブリッジ・パート
『破局へのゼロアワー?
文庫『東京クライシス』にて初公開
エピローグ
小説スタイルにて描かれたブリッジ・パート
付録 「妖怪データセクション」
リプレイに登場したNPCの設定紹介と、キャラクター・シートによるデータ紹介
あとがき

検討(ここまでの記事についての意見など)

  • 増えたら、記事に反映させたり、話題ごとに分けたりしていきます。
  • ネタバレは、話題の必要に応じた最小限を推奨。

雑感(書籍『東京クライシス』についての感想など)

  • 増えたら、話題ごとに分け、リンクしていきます。
  • ネタバレは、話題の必要に応じた最小限を推奨。
更新日時:2005/10/03 12:53:54
キーワード:
参照:[戦慄のチェスゲーム] [妖魔夜行] [東京クライシス]
このページは凍結されています。