新規作成  ソース  ガープスWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

CP

CP - キャラクターポイント

 CPは、キャラクター・ポイント(Character Point)の略。

 GURPSでは、キャラクター作成に使う能力値特徴技能他に、それぞれ、取得に要するCP値が定められている。

 キャラクター作成に際しては、世界設定ごとに定められたCP総計のレギュレーション内で、ルールに従って能力値や特徴、他、を取得していき、キャラ・メイクをする。

 このため、あるキャラクターのCP総計は、キャラクターの強さの目安にもなる 。


 ただし、PC:AのCPの総計がPC:BのX倍だからといって、PC:Aの強さがPC:BのX倍になっているとは限らない。
 50CPのキャラクター二人と100CPのキャラクター一人であれば、(おそらく)100CPのキャラクターのほうが強い。しかし、25CPのキャラクター3人と100CPのキャラクター1人が同武装、ほぼ同技能で戦えば、25CP3人が勝つ。CPの総計は戦闘能力を反映しない。戦闘に特化したキャラクターでも複数人から戦闘を挑まれれば、特殊な技能や能力、装備、特徴を持たない限り、敗北する。

 また、妖魔夜行の妖怪?は、通常のキャラクターよりも超絶的に強くなるが、それも現代兵器、戦車や飛行機と比べれば弱い。ある意味現実的な再現が行われるためでもある。

 キャラ・メイク時に使用されるCPによってその後の限界もある程度決定する。100CPで作成されたキャラクターが200CPまで成長したのと、最初から200CPで作成されたキャラクターでは、後者の方が強く、優れている(第三版のみ?)。その理由としては、能力値を冒険が始まってから成長させようとすると、2倍のCPが必要であるからということがあるだろう。多くの特徴が、作成時にしか取れないと言うのも大きいだろう。極端に言えば、初期25CP作成で350CPまで成長させたキャラクターは、必要CPの大きな特徴を獲得できないが、最初から350CPで作成されたキャラクターにはそう言った制限はなく、キャラクター作成の自由度が大きい。

 CPの総計と強さの目安は下の通り。

平均以下のキャラクター - 15CP
病弱な老人や幼い子供?
平均的なキャラクター - 25CP
普通に街をうろついている人。一般人。
平均以上のキャラクター - 50CP
一般人よりも少し経験を積んでいるひと。
小さな道場の師範や、町村の有名人?
かなり優れたキャラクター - 75CP
CPの振り分けによっては通常のPCにも引けを取らないというレベル。
コクーンでは、このCPでキャラクターを作成する。
英雄になれるキャラクター - 100CP
通常、PCを作るときにはこのCPで始める。ルナル・サーガの主人公アンディ・クルツの作成時のCPもこの値である。
英雄と呼べるキャラクター - 150CP
100CPで作ったキャラクターが20から30の冒険をこなしたくらい。
人間離れしたキャラクター - 200CP
一般人ができることは片手間にできるというくらい?
ルナル・サーガのアンディ・クルツはこのレベルまで到達した。

リンク

更新日時:2006/01/04 04:08:00
キーワード:
参照:[妖怪基本セット] [魔法] [技能] [買い戻す] [妖魔夜行] [頭字語] [ToDo] [キャラクター作成] [小辞典] [キャラクターポイント] [不利な特徴の制限] [特徴] [能力値]
このページは凍結されています。