新規作成  ソース  ブレイド・オブ・アルカナWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ギュスターヴ・フォーゲルヴァイデ一世

ギュスターヴ・フォーゲルヴァイデ一世 (956-1038)

 本名はグスタフ、ギュスターヴはエクセター式の読み方。フェルゲンラント・プファルツ方伯にしてバルドブルグ城伯。オトカル・ホルハイム二世の師傅にして摂政。

 空位20年?の984年にハイデルランド?の有力諸侯をブリュッケンに集め、選帝侯制度を提案した。この時、彼は自らに渡されるはずだった選帝侯の指輪“鳳”を野に放ち、所持者に全権を白紙委任すると宣言した。

登場作品と役柄

作品名
解説

人間関係

名台詞

セリフ
説明

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク

更新日時:2007/02/06 19:07:21
キーワード:
参照:[フォーゲルヴァイデ家] [登場人物]
このページは凍結されています。