新規作成  ソース  ブレイド・オブ・アルカナWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

フォーゲルヴァイデ家

フォーゲルヴァイデ家

 各国の王家や貴族と婚姻関係を結んで血縁の網を張り巡らせ、“見えざるフォーゲルヴァイデ朝”とまで呼ばれている家系。1060年代の本家当主はブリュッケン城伯ギュスターヴ・フォーゲルヴァイデ二世

 エステルランド王へルマンや、ブレダ王ガイリング二世の父や祖父に当たるハイデルランド王ガイリング一世も、フォーゲルヴァイデ家の人間である。

 1041年にはシュタインローゼ・フォーゲルヴァイデ?がイスマリア二世として正真教教会の教皇に即位し、聖俗両面に浸透している。

 本家の人間が表舞台に姿を現すことは少なく、それが疑念を呼んでいる節もある。

 本家の人間であると認められている者は1060年現在21人。

メモ

ヘルマンの姉(名前失念)も一族だよね?

関連する商品

話題まとめ

チャットログ

資料リンク

リンク

更新日時:2007/02/06 19:30:58
キーワード:
参照:[組織] [ギュスターヴ・フォーゲルヴァイデ二世] [ヒルデガルド・フォーゲルヴァイデ] [ヴィルヘルム・フォーゲルヴァイデ]
このページは凍結されています。