新規作成  ソース  ブレイド・オブ・アルカナWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ギュスターヴ・フォーゲルヴァイデ二世

ギュスターヴ・フォーゲルヴァイデ二世 (987-)

 バルドブルグ城伯。1060年代のフォーゲルヴァイデ家当主。“選帝者”の二つ名を持ち、“鳳の指輪”を所持する者の後見人。

 一見すると好々爺のような外見。

 永世者(フィニス)という噂がある。

 アーグリフの巫女から緋色の目をした一門の子が災いをもたらすと予言され、生まれ次第処分するように命令した。

 愛妾と噂されるヘレネ・フォーゲルヴァイデ?は彼の孫。

登場作品と役柄

作品名
解説

人間関係

ヘレネ・フォーゲルヴァイデ?
愛妾(?)にして孫。
アンゼル・フォーゲルヴァイデ
義理の孫。

名台詞

セリフ
説明

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク

更新日時:2007/02/07 21:58:32
キーワード:
参照:[フォーゲルヴァイデ家] [登場人物] [ヴィルヘルム・フォーゲルヴァイデ]
このページは凍結されています。