新規作成  ソース  ブレイド・オブ・アルカナWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ターラー・ヴェーエングロッケ

ターラー・ヴェーエングロッケ(900年代)

 西方歴900年代に活躍した詩人にして文筆家。

 天慧院で魔術を学んでいたが詩の魅力にのめり込んで放校され、各地を放浪して伝承を集めた。後にハイデルランド東方のエストリヒ・ラオプフェルトに居を構え、弟子たちと共に物語を蒐集する。これは時に危険をともなう探索行だったという。

 しかし、いつしか活動は人目につかなくなり、その成果も散逸してしまった。

 主な著作に『神秘の刃』『罪人の大地』『勇気の門』などがある。

登場作品と役柄

作品名
解説

人間関係

名台詞

セリフ
説明

メモ

  • ヴェーエングロッケを分解すると、Wehen(吹)Glocke(鈴)となる。

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク

更新日時:2007/05/24 06:06:39
キーワード:
参照:[天慧院] [ゲラシウス] [シュテフェン] [登場人物]
このページは凍結されています。