新規作成  ソース  ブレイド・オブ・アルカナWiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

フェリックス・クリューガー

フェリックス・クリューガー (1019-)

 ヴィンス公国を領するヴィンス公。“灰色の亡霊”、“灰色公”のふたつ名を持つ。選帝侯の指輪のひとつ、“黒の指輪”の継承者。

 家督相続以前の1038年頃、南方へ救世母の墓と伝えられる幻都ガザロの探索に赴き、その途上で殺戮者となる。

 ガザロでは三つの試練を突破できなかったが、創生の石版を盗み見ることに成功し、聖痕の秘密に迫った。この時の因縁から、砂漠の民から暗殺者を差し向けられる。

 家督相続後はツェルコン戦役、ブレーデル戦争に際しても暗躍するのみで兵力を保持して沈黙を保った。

 アンゼル・フォーゲルヴァイデの数少ない後援者で、異国の珍品を贈るなどして親交を結んでいた。彼を闇へ落とすため、魔神“虚言の魔女”クエンタ?を送り込んだという説もある。

 1052年、娘リエッタ・クリューガー誕生。

 1065年、カール・フォーゲルヴァイデのエステルランド王即位に異を唱え、翌1066年2月に始まるヴィンス三十日戦争の引鉄を引く。

 1066年、ヴィンス三十日戦争の最中に黄金の杯によって闇の塊へと変貌を遂げる。

登場作品と役柄

作品名
解説

人間関係

リエッタ・クリューガー
娘。母は既に死去。
アンゼル・フォーゲルヴァイデ
友。
カール・ブリッツ?
先代の時代から仕える十三鬼衆筆頭。腹心。

名台詞

セリフ
説明

メモ

 『LoG3?』に収録されているフェリックス・クリューガー関係の特殊因果律?は次の通り。

「No.034 聖なる処罰者」
ガザロ?の守護者である蜃気楼の民が、フェリックスを討つために放った刺客であることを表す特殊因果律?

商品情報

話題まとめ

資料リンク

リンク

更新日時:2007/02/14 13:06:36
キーワード:
参照:[リエッタ・クリューガー] [リザベート・バーマイスター] [選帝侯] [アンゼル・フォーゲルヴァイデ] [クリューガー家] [ヴィンス三十日戦争] [登場人物]
このページは凍結されています。