新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

コンゴ民主共和国の基本情報 2007年版

コンゴ民主共和国(R.D.C.)の基本情報 2007年版

  • 他のページの記事の、参照用に設けたページです。
  • 2007年版です。新しい版は「コンゴ民主共和国の基本情報」からたどれます。⇒ コンゴ民主共和国の基本情報

土地面積
2,267,600平方km
領土面積
2,345,410 平方km
土地面積対比
U.K.(連合王国)“本国領”の9.4倍ほど。(日本国の6倍ほど)
都市エリア
1%未満(2000年)
人口
2007年の推計で63,655,000人
人口対比
対比する数値の年度が異なるので目安として
U.K.“本国領”人口にほぼ等しく若干多い。
(日本国人口の50%ほど)
平均寿命(2000年〜05年)
43.1(♂=42,♀=44)
出生率(2000年〜2005年)
43.1
死亡率(1995年〜2000年)
15.0‰
乳児死亡率(2004年)
129‰
年齢別人口比率(2004年)
0〜14=47.2%,15〜64=50.1%,65以上=2.7%
平均人口密度
1平方kmあたり25人程度
地域による偏りは大きい。
平均人口密度の対比
対比する数値の年度が異なるので目安として
U.K.(連合王国)“本国領”の10%ほど。
(日本国の7%強)
都市集住率
31%(2001年)
政治体制
 共和政体。行政権は国家元首である大統領と首相とが分掌する制度。ただし、1960年代から始まり、1998年に再燃した内戦が2003年に終結合意がなされたところ。
 現在の政権は、国内のすべての地域の治安を維持しているわけではなく、地域によっては内戦状態が継続している。
 2005年に国民投票で承認された憲法草案が、2006年に新憲法として発効された。
 立法府(議会)は2院制。
民族事情
 バンツー系のモンゴ族、ルバ族、コンゴ族などが多数派、ナイロート系のマンベツ族、アザンテ族などを含め、250ほどのエスニック・グループが居住。
言語事情
 フランス語?が、国定公用語に定めらている。生活言語としては、バンツー語系統の、コンゴ語、ルバ語、リンガラ語などの他、スワヒリ語も用いられている。
宗教事情
 ローマン・カソリック50%、プロテスタント諸派20%、キンバング教(キリスト教系新興宗教)の信徒が10%、他は伝統的民族宗教の信奉者が多く、イスラム教信徒も少数居住。
識字率(1995年推計)
77.3%(♂=87%,♀=68%)
GDP
2005年の推計値で、464億9,100万U.S.ドル相当
GDPの対比
対比する数値の年度が異なるので、目安として
U.K.(連合王国)の2%ほど。
日本国の1%ほど。
国民1人あたりGDP
2005年の推計値で、774U.S.ドル相当
国民1人あたりGDPの対比
対比する数値の年度が異なるので、目安として
U.K.(連合王国)の2%ほど。
日本国の数値の2%強。
国民1人あたりのエネルギー消費量(石油換算)
16kg(2003年)
国民1人あたりエネルギー消費量の対比
U.K.の数値の0.4%ほど。
日本国の数値の0.4%強。
産業別労働人口比率
不明
輸出(2000年)
8億9千万U.S.ドル相当
輸入(2000年)
6億8千万U.S.ドル相当
貿易依存率(2000年)
輸出=16.4%,輸入=12.5%
観光客(2004年)
およそ、3万5千人
観光業収入(1998年)
200万U.S.ドル相当
(GDPの0.004%強,対比する数値の年度が異なるので、目安として)
軍事支出(2004年)
1億9千万U.S.ドル相当::(GDPの0.4%ほど,対比する数値の年度が異なるので、目安として)
国民1人あたりの軍事支出(2004年)
3U.S.ドル相当
兵員概数(2006年)
総数=6万5千人,陸軍=6万人,海軍=1千8百人,空軍=3千人
通貨単位
コンゴ・フラン(略号=CDF)
首都
キンシャサ?
ソース
 以下のソースを相互参照しました。必ずしも、各ソースのデータ、そのままではありません。一部の数値に端数を丸めるなどの処理もしています。
更新日時:2010/01/09 20:39:16
キーワード:
参照:[コンゴ民主共和国の基本情報] [コンゴ民主共和国の基本情報 2008年版] [コンゴ民主共和国の参照コンテンツ集]
このページは凍結されています。