新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

グランピアン・コースト

グランピアン・コースト (Grampian Coast) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「グランピアン・コースト」は、「いわゆるスコットランド東北地区の沿岸部で、グランピアン山脈の山裾が沿岸部間際まで迫っている地域」と、イメージされることが多い。

 地理的用語と言うよりは、どちらかと言えば、ローカルな慣用で用いられてきた地域名と思われる。観光宣伝などでは、時として「スコットランド東北地区の海岸線全域」をイメージ的に「グランピアン・コースト」と呼ぶ用法も見られるようだ。

 「グランピアン山脈の山裾が沿岸部間際まで迫っている」海岸線には、断崖絶壁も少なくないが、砂浜や磯浜も多い。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「グランピアン・コースト」の海岸線は、グランピアン県?のムレイ地区?から始まり、アバディーンシャー?の沿岸部にかけて、と思うと概ね正いだろう。この地域は、「いわゆるスコットランド東北地区の沿岸部の内、中部以北」とも言える。

 上記区間の延長は、200km以上に渡る(アバディーンシャーの海岸線がおよそ160kmほど)。磯浜、砂浜、沿岸近くまで迫る湿地帯、岸壁、断崖などが、幾つかの河口に区切られ、景観はヴァラエティーに富む。

 地域の野生動植物も多様で、国定の自然保護区なども、多数設けられている。保護区には、例えば、紅足鴨や白鳥などの渡り鳥の寄留地、野生アヒルの繁殖地などが含まれている。他に、沿海にはイルカの群れも生息しているし、クジラの群れも回遊してくる。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 ストーンヘヴンよりも北の広義のハイランド地方の地殻は、少なくともその原形は大変古くに形成された。

 ディー川などの沿岸に河口を持つ河川の流域からは、今から8千年ほど前に用いられた、石英の類による石器や護符の類が発掘されている。これらを使っていた人びとは、あるいは、スコットランド最古の住民だったかもしれない。

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

リンク

関連項目

資料リンク

East Grampian Coastal Partnership
アバディーン市?市議会と、アバディーンシャー?県議会とが中心になって、2004年に提案され、2005年から始動した地域協力フォーラムのホームページ。1996年から稼動している「スコットランド沿岸フォーラム」とも協力関係にある、とのこと。

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2013/03/30 03:45:15
キーワード:
参照:[ランド・マーク] [グランピアン山脈] [スコティッシュ・ハイランズ] [ストーンヘヴン] [ヨーロッパ州のランド・マーク]
このページは凍結されています。