新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

セトナクト

セトナクト (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語、他
Setnakhte

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 セトナクトは、古代エジプト?の新王国時代?に、第20王朝?の初代ファラオ?となった人物。

 即位したのは、紀元前12世紀はじめ頃。その統治期間は数年間で短かった。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 セトナクトは、第20王朝の初代ファラオに、B.C.1190年頃即位し、B.C.1186年頃死没した。

 あるいは、B.C.1185年頃に即位し、B.C.1182年頃に死没した、とする説もある。いずれにせよ、その統治期間は3〜4年で長くは無かった。

 セクナクトは、第19王朝?末期の混乱の内から王朝支配を再建した。死後六十数年してからまとめられたと目される大ハリス・パピルス?によれば、「リビア人?たちを鎮め、諸都市を解放し、神殿を再建し、その財政も整えた」とされる。

 セクナクトの出自、即位の経緯は、よくわかっていない。ことに、その出自については諸説ある

 セクナクトの妃となったティイ・メルエンスは、あるいは、メルエンプタハ?の娘の後裔だったかもしれない。セクナクトが、第19王朝のラメセス王統の姫を娶ることで、ファラオとしての正当性を主張した、と推測する説も聞かれる。

 治世は短かったが、少なくとも後半は、妃ティイ・メルエンスと、皇太子(後のラメセス3世?)を共同統治者とした。死後は伝統的な儀式で正式なファラオ?として埋葬された。

 セクナクトの墓所は、王家の谷にあり、発掘されている。この墓所は、大19王朝のタウセルト女王が生前、自分のために準備していた墓所を拡張して利用したものだった。

 セクナクトの木棺は、王家の谷の隠し墓所(カシェ)から19世紀末に発見された。あるいは、この木棺内に収められ、再埋葬されていたミイラが、セクナクトのミイラなのかもしれない。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 セクナクトの出自については、第19王朝と血縁関係がなかったと見る説、平民の出自だったとする説、母親を通じて、第19王朝と血縁関係もあった、とする説など、諸説が唱えられている。

 当時の記録を見ると、第19王朝のラメセスの王統と関係があるかに演出しようとしていたふしも見られる。


 カルナック神殿?近傍から発掘された石碑によれば、ラメセス3世?の代に完工されたカルナックのアメン=ラー神殿の建立をはじめたのは、セトナクトだった。

 生前のセクナクトは、生前、王家の谷自分独自の墓所を設けようとしていた、現在KV11のコードで知られる遺構がそれだ。KV11は、開削中、アメンメセス?の墓所に衝突して、掘削が断念された。この後、セクナクトは、タウセルト女王の準備していた墓室を改築して自分の墓所に転用することにした。

GM向け参考情報

 「増補待ち」

リンク

関連項目

  • 古代エジプト第20王朝?
  • ラメセス3世?

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/09/27 20:20:11
キーワード:
参照:[歴史上の実在人物] [小辞典ワールド編] [タウセルト]
このページは凍結されています。