新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ギニアビサウ共和国の基本情報 2009年版

ギニアビサウ共和国の基本情報 2009年版

  • 他のページの記事の、参照用に設けたページです。
  • 情報等級は、「簡単な判定に成功すればわかる」ものを推奨します。

 「ブルーローズ」のプレイイングやマスタリングに役立つギニアビサウ共和国の解説については、「ギニアビサウ共和国」の項から辿っていってください。

概略

 ギニアビサウ共和国は、西アフリカの西部南寄りで、北大西洋に面した国。

国家体制
 大統領制の共和国。国家元首は、大統領だが、行政権は大統領と首相とで分担される制度。
 1956年ポルトガル共和国からの独立闘争がはじめられ、内戦、クーデタなどが続いた。1970年代半ばには、独立派勢力がほぼ全国を制圧。その後、社会主義的な一党独裁体制が続いた。1994年に複数政党制への移行を試みられたが、1998年と2003年とにクーデタ。その後暫定政権を経て、2004年の議会選挙、2005年の大統領選挙で民政に復帰。
首都
ビサウ?

近隣諸国

 東から南にかけてギニア共和国と、北でガンビア共和国と、国境を接して隣接。(西部で大西洋に面している)

国土

土地面積
28,000平方km
領土面積
36,120平方km
土地面積対比
U.K.(連合王国)“本国領”の12%弱。(日本国の7%強)
最低点
海抜0m
最高点
海抜300m
海岸線
350km
地上国境
724km
ギニア共和国との国境=386km(53%強)、セネガル共和国との国境=338km(47%弱)
都市エリア
1%(2000年)

人口

人口
2009年の推計で1,611,000人
人口対比
U.K.“本国領”人口の2.6%ほど。
日本国人口の1.3%弱(対比する数値の年度が異なるので目安として)。
平均寿命(2005年)
45.5(♂=43.8,♀=47.3)
出生率(1995年〜2000年)
44.8
死亡率(1995年〜2000年)
20.4‰
乳児死亡率(2004年)
121.2‰
年齢別人口比率(2005年)
0〜14=47.5%,15〜64=49.4%,65以上=3.1%
平均人口密度
1平方kmあたり44人程度
地域による偏りは大きい。
平均人口密度の対比
U.K.(連合王国)“本国領”の18%弱。
日本国の13%ほど(対比する数値の年度が異なるので目安として)。
都市集住率
32%(2001年)

民族事情

民族事情
 パランテ族30%、フラニ族20%、マンジャコ族14%、マンデンゴ族13%、バベル族7%
言語事情
 ポルトガル語?が、国定公用語に定めらている。ポルトガル語ベースのクレオール言語(クリオル語)?、マンディンカ語?、などの話者が多い。
宗教事情
 民族宗教の信奉者62%、イスラム信徒34%、他はキリスト教諸派が多い。
識字率(1997年推計)
53.9%(♂=67%,♀=41%)

経済事情

通貨単位
CFAフラン(略号=XOF)
GDP(PPP修正値)
8億4,700万U.S.ドル相当(2008年推計)
GDPの対比
U.K.(連合王国)の0.03%ほど。
日本国の0.02%ほど。
国民1人あたりGDP(PPP修正値)
485U.S.ドル相当(2008年推計値)
国民1人あたりGDPの対比
U.K.(連合王国)の1.4%弱。
日本国の数値の1.4%ほど。
Gini係数?(1993年)
47
国民1人あたりのエネルギー消費量(石油換算)
65kg(2004年)
国民1人あたりエネルギー消費量の対比
U.K.の数値の1.8%弱。
日本国の数値の1.8%ほど。
産業別労働人口比率
未詳
輸出(2003年)
6千9百万U.S.ドル相当
主要輸出先国(2003年)
インド共和国U.S.A.(合衆国)ナイジェリア連邦共和国セネガル共和国ポルトガル共和国
輸入(2003年)
6千9百万U.S.ドル相当
主要輸入元国(2003年)
セネガル共和国、ポルトガル共和国、ネーデルラント王国イタリア共和国スペイン国
貿易依存率(2005年)
輸出=26.6%,輸入=39.5%
観光客(2005年)
およそ、5千人
観光業収入(2005年)
200万U.S.ドル相当
(GDPの0.2%強,対比する数値の年度が異なるので、目安として)

政治関係

政治体制
 大統領制の共和国。
 1956年ポルトガル共和国からの独立闘争がはじめられ、内戦、クーデタなどが続いた。1970年代半ばには、独立派勢力がほぼ全国を制圧。その後、社会主義的な一党独裁体制が続いた。
 1994年に複数政党制への移行を試みられたが、1998年と2003年とにクーデタ。その後暫定政権を経て、2004年の議会選挙、2005年の大統領選挙で民政に復帰。
 国家元首は、大統領だが、行政権は大統領と首相とで分担される制度。
 立法府(議会)は1院制。
兵員概数(2007年)
総数=9,250人,陸軍=6,800人,海軍=350人,空軍=100人,憲兵隊=2,000人
軍事支出(2005年)
1,200万U.S.ドル相当(GDPの0.14%ほど,対比する数値の年度が異なるので、目安として)
国民1人あたりの軍事支出(2005年)
9U.S.ドル相当

ソース

 以下のソースを相互参照しました。必ずしも、各ソースのデータ、そのままではありません。一部の数値に端数を丸めるなどの処理もしています。

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
  • 2011-08-22 (月) 11:36:15 boinn : 質問です。ギニアビサウの家の材料は何ですか?
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2011/08/22 11:36:16
キーワード:
参照:[国別基本情報のインデックス] [ギニアビサウ共和国の基本情報] [ギニアビサウ共和国]
このページは凍結されています。