新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アル・ハサー

アル・ハサー (Al-Hasa) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アル・ハサー」は、現、サウディ=アラビア領?東部で、ペルシア湾に面した一帯を指す地域名。

 後背部の微高地と、沿岸に至る低地からなる。沿岸から内陸60kmほどが、「世界最大のオアシス」と呼ばれることもある「アル・ハサーのグレイト・オアシス(大オアシス)」。「アル・ハサー」は、アラビア語で「水のある土地」を意味する。

 アル・ハサーのグレイト・オアシスの実態は、大小のオアシスの集合だが、60万人を越える人口を擁す、と目される。中心都市は、フーフ?。ペルシア湾側から、リヤド?に至る基幹陸路の中継点。

 グレイト・オアシス外縁の沿岸部では、多数の油井が稼動している。これら産油地帯の中心地は、ダーラン?、カティーフ?など。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「アル・ハサー」自体は、伝統的な地域名で、現在、行政実体はない。アシュ・シャギヤー?の行政区に含まれている。面積は、およそ10万6千平方km強と言われる。

 地域は、16世紀まで、現在のバーレイン島?及び、クウェイト領?と共に、歴史的バーレイン?に属していた。その関係で、「スンナ派のイスラム教国?としては、最大」とも言われるシーア派の人口が居住する地域にもなっている。

 1521年に、オスマン=トルコに征服された後は、「オスマン帝国のアル・ハサー」と呼ばれた地域に編成された。この地域は、現在の、アシュ・シャギヤー行政区に等しい。

 沿岸近くからオアシス地帯にかけては、ステップ的な草原地帯が続く。

 オアシス地帯の気候は湿潤で、昼夜の気温差、年間の気温差もさほどではない。後背部の微高地、サンマーン高原に分け入るに連れ、急速に沙漠気候に移行。オアシスと微高地との間は、暫減していく草原地帯。

 オアシス地帯では、ナツメヤシ、小麦、大麦が栽培される。ヒツジ、ヤギ、ウシなどの牧畜、養鶏なども営まれている。都市部には、サウディ=アラビア大学の主要キャンパスをはじめ、女性の就学も受け入れている高等教育施設を含む多数の教育機関が設けられている。

 内陸部には、遊牧民ベドウィン?が多く、ラクダ、ロバなどの牧畜が営まれている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの捕捉情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

リンク

関連項目

  • アラビア半島?

資料リンク

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/09/16 10:11:25
キーワード:
参照:[アジア州のランド・マーク] [ダハナ沙漠] [ランド・マーク]
このページは凍結されています。