新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アムール州

アムール州 アムールしゅう (Amur Oblast) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アムール州」は、ロシア連邦の極東連邦管区?に属す州の1つ。ロシア語名が「アムールスカヤ・オーブラスチ」。英米語では、通例「アムール・オブラスト」。

 極東連邦管区西縁の内陸部にあり、西縁の概ねで中華人民共和国領と国境を接し、北西縁でロシア連邦のシベリア連邦管区と境界を接している。


 アムール川流域?の地域に、帝政ロシア時代のロシア勢が移入しはじめたのは、17世紀半ば頃から。18世紀頃から入植も盛んになった。現行のアムール州にあたる地域は、一旦、金朝?に返還されたが、19世紀半ばに、金朝と帝政ロシアとの条約で、正式にロシア領として割譲された。

 帝政時代は、「アムール地方」などと呼ばれていたが、旧ソ連時代?の1932年に州として編成された。

 州都、ブラゴヴェシチェンスク市?は、ロシアへの割譲後に創建された。ブラゴヴェシチェンスクは、ロシア - 中国国境近く。ゼーヤ川?がアムール川?に合流するあたりのアムール川左岸|?に立地。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 アムール州の領域面積は、およそ363,700平方kmほど。

 ロシア連邦領内では、北西縁でシベリア連邦管区チタ州と州境を接している。北、東、南は、極東連邦管区。北ではサハ共和国?と、東ではハバロフスク地方?と、南ではユダヤ自治州?と境界を接している。

 アムール州では、西縁の中国国境部をアムール川?が流れている。国境対岸の中国領は、黒竜江省?


 州域は、多数の山脈と山間の平低地とが入り混じっていて、北部ほど山がちな傾向が強い。

 スタノヴォイ山脈?、他の山脈が走る北部は、ほとんどが、山地、高地。東縁部には、ハバロフスク地方?との境界部に、セレムジンスキー山脈?、ヤム=リニ山脈?、トゥラナ山脈?などが連なっている。

 北部山地からは、アムール川に合流していくゼーヤ川?水系が流出。上流域で、トゥクリングラ山脈?とソクタハン山脈?との間に、人造湖ゼーヤ湖?が設けられている。

 アムール州州域の主要部は、概ねがゼーヤ水系流域、及び、アムール川流域に占められている、と見ることもできる。他の主要河川としては、ハバロフスク地方から流入してくるブレヤ川?など。北西部には、レナ水系?に属すオリョクマ川?、ニュクジャ川?が流れ、北東部ではオホーツク海側のウダ川?上流部をなしているマヤ川?がかすめている。

 平地は、中南部のアムール=ゼーヤ平地、南部のゼーヤ=ブレインスカヤ平地の他、北部の高地帯にも、上ゼーヤ高地がある。


 人口は2002年の国勢調査で、902,844人。

 極東連邦管区の6%弱ほどの領域に、13%強の人口が居住する見当になる。平均人口密度は、1平方kmあたり2人ほどで、数値上の比較では、極東連邦管区全域の1人ほどよりも、高い見当。

 やはり2002年の国勢調査では、州都チタ市都市圏の居住人口は、594,386人。同年のアムール州人口の66%ほどにあたる。


 環境は、大陸性気候と高山性気候が入り混じっているが、モンスーン気候の影響も被っている。冬期は寒冷で乾燥し少雪。夏季は、湿度が上がり蒸し暑い。

 1月の平均気温は、南部で−24℃ほど、山がちな北部では−33℃ほど。7月の平均気温は南部で+21℃ほど、北部では+18℃ほど。年間降水量は、およそ850mmほど。

 植生は、シベリア南域同様の、寒帯樹林が優勢だが、平地の多くは農耕地として開拓されている。山地斜面にタイガが茂り、高度が高くなると高地性の草地に推移。

 埋蔵資源としては、金、石炭、鉄鉱石、砂石英、石灰石、難溶性粘土、珪岩などを産す。鉱泉も多い。


 チタ州居住者の民族構成は、ロシア系が多数派で88%弱。ウクライナ系の3.5%、ベラルーシ系の1%弱を併せる、92%が広い意味でのロシア系になる。その他の、少数派エスニック・グループは120ほどになっているが、タタール系の0.5%ほどが目立つ方。


 地域の基幹産業は、金を中心にした非鉄金属採掘と、石炭を主力にした、燃料、エネルギー産業。金属加工、機械工業も営まれる他、製材業、パルプ、製紙業、食品加工などの軽工業も営まれる。

 燃料産業とエネルギー産業の生産額は、州の工業生産額全体の4割ほどを占める。金鉱の採掘量は、ロシア連邦内のトップ3に入るとされている。

 1次産業では、農業が極めて盛んで、極東連邦管区の食糧供給源になっている。主作物は、大豆、ジャガイモ、飼料用穀物など。

 他に、中国との貿易に関連した経済活動も盛ん。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

基礎データ

  • 目標値8〜10程度の簡単な判定で、PCが知ってることにして構わないでしょう。場合によってはプレイヤーに事前提示しても可
面積
およそ363,700平方km
面積対比
U.K.(連合王国)の1.5倍弱。日本国にほぼ等しくやや狭い領域面積?(96%強) 。
人口
902,844人(2002年)
(都市集住率は、66%ほど)
人口対比
対比する統計の準拠年度が異なるため、あくまで目安として
U.K.の1.5%ほど。日本国の0.7%ほど。
平均人口密度
1平方kmにつき、2人程度。
平均人口密度の対比
対比する統計の年度が違うので、目安として。
U.K.の0.8%ほど。日本国の0.6%ほど。
政治体制
 2007年現在、ロシア連邦大統領に推薦された人物が、州議会の信任投票を経て、行政首長位に就く形式。
 議会の議員は、地域住民による選挙で選任される。
民族事情
 2002年の統計で、ロシア系が多数派で88%弱。ウクライナ系の3.5%、ベラルーシ系の1%弱を併せる、92%が広い意味でのロシア系になる。
 その他の少数派エスニック・グループは120ほどになっているが、タタール系の0.5%ほどが目立つ方。
言語事情
 ロシア語が公用語に指定されている。
宗教事情
 調査中。
経済生産総額
 13億4600万U.S.$相当。
経済生産総額の対比
対比する統計の年度が違うので、目安として。
 U.K.(連合王国)の0.08%弱。日本国の0.035%弱 。
住民1人あたり生産額
 1,490U.S.$相当。
住民1人あたり生産額の対比
対比する統計の準拠年度が異なるため、あくまで目安として
 U.K.の5%ほど。日本国の5%ほど。
通貨単位
ルーブル(略号 RUB)
首都
チタ市?

地勢と環境(再整理)

 州域は、多数の山脈と山間の平低地とが入り混じっていて、北部ほど山がちな傾向が強い。

 スタノヴォイ山脈?、他の山脈が走る北部は、ほとんどが、山地、高地。東縁部には、ハバロフスク地方?との境界部に、セレムジンスキー山脈?、ヤム=リニ山脈?、トゥラナ山脈?などが連なっている。

 北部山地からは、アムール川に合流していくゼーヤ川?水系が流出。上流域で、トゥクリングラ山脈?とソクタハン山脈?との間に、人造湖ゼーヤ湖?が設けられている。

 アムール州州域の主要部は、概ねがゼーヤ水系流域、及び、アムール川流域に占められている、と見ることもできる。他の主要河川としては、ハバロフスク地方から流入してくるブレヤ川?など。北西部には、レナ水系?に属すオリョクマ川?、ニュクジャ川?が流れ、北東部ではオホーツク海側のウダ川?上流部をなしているマヤ川?がかすめている。

 平地は、中南部のアムール=ゼーヤ平地、南部のゼーヤ=ブレインスカヤ平地の他、北部の高地帯にも、上ゼーヤ高地がある。

 環境は、大陸性気候と高山性気候が入り混じっているが、モンスーン気候の影響も被っている。冬期は寒冷で乾燥し少雪。夏季は、湿度が上がり蒸し暑い。

 1月の平均気温は、南部で−24℃ほど、山がちな北部では−33℃ほど。7月の平均気温は南部で+21℃ほど、北部では+18℃ほど。年間降水量は、およそ850mmほど。

 植生は、シベリア南域同様の、寒帯樹林が優勢だが、平地の多くは農耕地として開拓されている。山地斜面にタイガが茂り、高度が高くなると高地性の草地に推移。

 埋蔵資源としては、金、石炭、鉄鉱石、砂石英、石灰石、難溶性粘土、珪岩などを産す。鉱泉も多い。

地域区分

 調査中

人口分布

 統計に基づいた人口分布は調査中。

 2002年現在、州域には9都市、21町と、608の集落を数える。内、7都市と行政上各都市に付随する町とが、州政府直轄都市。

 共和国直轄都市区を除く国土は、20の行政区に行政区分されている。町の内には、行政上、近傍の都市に付随した行政区に含まれている所もある。

主要都市

ブラゴヴェシチェンスク市(州都)
 州域西部で、ロシア - 中国国境近く、ゼーヤ川?がアムール川?に合流するあたりのアムール川左岸|?に立地。中国との貿易拠点都市として知られる。
 2002年の国勢調査では、州都チタ市都市圏の居住人口は、222,629人。同年のチタ州人口の25%弱、同年のチタ州都市居住者の37%強にあたる。

正規の出入国ゲート

 調査中。

リンク

関連項目

  • アムール川?
  • スタノヴォイ山脈?
  • ゼーヤ川?
  • ロシア連邦の極東管区?

資料リンク

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/17 23:21:05
キーワード:
参照:[ロシア連邦の極東連邦管区] [小辞典ワールド編] [ザバイカリエ地方]
このページは凍結されています。