新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アルデンヌ

アルデンヌ (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

フランス語名
Ardenne
英語表記
Ardennes

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「アルデンヌ」は、フランス領北東部、ベルギー領南部、ルクセンブルク領北部に渡る高地地帯を指す地域名。「アルデンヌの森」とも。

 フランス領では、アルデンヌ県?シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏北部)に東域が及んでいる。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 アルデンヌは、比較的緩やかな丘陵や低山地が連続する高地地帯で、大部分が森林で覆われている。

 全般に、南東域が高く比較的険しい低山地が多い、北西に向かうにつれ低く緩やかになっていく。概ねの標高は350m級〜500m級程度、最高点は、ベルギー領のリエージュ州?内にある、700m弱の地域。

 地質時代の古い時代に形成された山々が、侵食作用で準高原化した。降水量が多く、冬季の冷え込みは厳しい。しばしば濃霧も発生する。大小の河川が多く、湿地帯も散在し、樹林が豊富。古くから林業と農牧業が盛ん。ハンティング・エリアとしても有名だが、近年は観光業も活発。

 山麓地域からは、鉄鉱石や石炭が採掘される。ベルギーのナミュール?やリエージュ?は、工業都市として知られる。


 地名はケルト系部族に信奉されたアルドゥエンナ女神?にちなむ。ローマ時代には「アルドゥエンナ・シルウァ」(Arduenna Silva,アルドゥエンナの森)と呼ばれたのに由来する。

 ただし、当時の範囲は、現在のアルデンヌとは少しズレていて、サンブル川?流域とライン川?の間の地域が漠然とさされた(現在のドイツ領も含まれていた)。

 古代から中世にかけては、通行の難所として知られていた。近代に入り、鉄鋼業などが興ると、戦略的重要度が増し、フランス、ドイツなどの間で争われた。が、フランス・プロシア戦争(普仏戦争)の頃のテクノロジーでは散発的な局地戦が周辺でおこなわれる程度だった。第1次世界大戦でもほぼ同様で、大規模な戦闘はおこなわれなかった。

 第2次世界大戦初期には、機甲師団を主力にしたナチ・ドイツがアルデンヌを踏破して短期間でフランス領内に侵攻。1ヵ月ほどでフランスを降伏させた。大戦末期には、アルデンヌを拠点にしたドイツ軍が、連合軍を攻撃し、バルジの戦いに至った。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 アルデンヌの山地、丘陵は、古生代の石炭紀に褶曲運動で形成されたもので、ヘルシニア山系?に分類されている。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

別称類

  • 別称=Forest of Ardennne
    雅称の響きがある。

主要国の言語

  • フランス語名=Ardenne
  • 英語表記=Ardennes
  • スペイン語表記=Ardenas
  • アラビア語名の音=(調査中)
  • ロシア語表記=Арденны
  • 中国語表記=阿登,亞爾丁

その他

  • ネーデルラント語?名=Ardennen
  • ドイツ語?名=Ardennen
  • ラテン語?による古称=Ardenna Silva(アルドゥエンナ・シルウァ)
    ローマ時代には、現在とは少しズレた地域が意味された。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/05/18 14:42:44
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [ランド・マーク] [エスリング地方] [ヨーロッパ州のランド・マーク] [エイフェル山地] [アルドゥインナ女神]
このページは凍結されています。