新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

サイコロ

サイコロ

 「サイコロ」は、ブルーローズのセッションに最小限必要な道具の1種。

 1〜6の目が記された普通のサイコロ(6面ダイス)を使う。ルールブックに「サイコロ」とあるのは、すべて6面ダイスを意味している。

プレイヤーの最小限

 プレイヤーは、各2個の6面サイコロがあれば、最低限のプレイはできる。

 ただ、《夢と希望》の使用や、ダメージ処理のダイス・ロールを考えると、1人、5〜6個は準備したい。

 必要に応じて貸し借りしてもいいが、セッションのテンポが落ちるので、各自が自分用のサイコロ5〜6個を用意していきたい。

GMの最小限

 GMは10〜12個もあれば充分だろう。最初は5〜6個用意して、徐々に買い足していっても構わない。

 買い足すなら、できたら色違い、サイズ違い、模様入りダイスなどを用意できると、取り違えがなくなり、快適なセッションが望める。

 また、マップを使った進行処理で、逃げ惑う一般人NPCや、ソルジャー級の敵性キャラを5メン・セル、3メン・セルで表現するとき、ダイスは便利だ。

 こうした使い方をするなら、色違い、サイズ違い、模様入りなどの方が重宝する。

 セッション・グループの性格にもよるが、ダイス・コレクターがあまりいないなら、まず、GMからある程度集めておいて、プレイヤーにも各種ダイスの購入を要請してみることをお勧めする。

ダイスはどこで買えるか

普通の6面ダイス

 普通の6面ダイス(白地)は、一般の玩具店や、トランプなども扱っている文具店で扱っていることが多い。

 店頭に出してなくても、聞いてみるとバック・ヤードから持って来てくれることがある。

色違い、サイズ違い、模様入りなど各種ダイス

 出かけられる範囲に、ゲームに強いホビー・ショップがあれば、まず扱っている。ホビー・ショップでも、模型専門店などでは、扱っていないこともある。

 また、デパートのパーティー用具売り場、ボードゲーム類の売り場で扱っていることもある。

 東急ハンズの類のパーティー用品売り場では、変形ダイス(ブルーローズでは、なくても平気だが)を含めて、各種取り扱っている例が多い。

(店舗によるので、他の用事のついで覗いてみるのでなければ、事前に電話をかけて確認することをお勧めしておく。扱ってない場合でも、尋ねれば、扱ってる、近辺の系列店舗を調べてくれるかもしれないからだ)

活用や検討

活用

 6面ダイス以外の変形ダイスは、なくても差し障りないが、あればあったで、ユニット・マーカーの代用に使ったりもできる。

  • ユニット・マーカー代用は、4面ダイスや12面ダイスが使い勝手がいい。

検討

  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は書き換えられても仕方なし、ってことで)

更新日時:2005/12/28 20:39:23
キーワード:
参照:[6面ダイス] [小辞典道具編] [小辞典]
このページは凍結されています。