新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

カフル・エル-シェイク県

カフル・エル-シェイク県 カフル・エル-シェイクけん (暫定版)

記事内容、追加調査中の暫定版です。

アラビア語名の音
Kafr ash-Shaykh
英語名
Kafr el-Sheikh

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 カフル・エル-シェイク県は、エジプト=アラブ共和国の県の1つ。県域は、ナイル・デルタ沿岸部にああり、東西概ね中ほどに位置している。

 県域北縁の地中海沿岸に位置する潟湖(ラグーン)、ブルラス湖(Lake Brulus)が特徴的。

 人口が稠密なナイル・デルタ地方の内では、やや人口密度が低め。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「交流+知性 目標値8〜10」、「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 カフル・エル-シェイク県の県域は、ナイル川下流が西のラシード支流と東のダミエッタ支流とに別れた、その間の土地の北西部を占めている。
 県域西縁は、概ねラシード支流に縁取られている。県域東縁は、ダミエッタ支流からさらに別れた分流に縁取られる(ダミエッタ支流の本流は、カフル・エル-シェイク県の南で流れを北東のダミエッタ市方面に変えている)。県域には無数の水路が掘削され、灌漑用水、生活用水を供給。
 県の行政中心地は、県域の南部で東西の中ほどに位置するカフル・エル-シェイク市。エジプトの他の県同様、大統領に任命された県知事が、中央政庁から派遣され県を統治している。
 ただしエジプトには、「カフル・エル-シェイク」の名を持つ都市や町が、ナイル・デルタの内外に複数ある。カフル・エル-シェイクの行政中心地は、ベヘイラ県の行政中心地ダマンフール市の概ね東やや北寄りに位置、ガービア県の行政中心地タンタ市?の概ね北やや西寄りにあたり、それぞれと地方自動車道で結ばれている。
 地域の気候は、概ね地中海性気候?。灌漑を利用した農作が盛んで、基本的には農業県。
 主作物の米は、エジプト国内の生産量の3割を生産。漁業、綿工業、食品加工業も盛ん。
【参照地図】
小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 カフル・エル-シェイク県の県域面積は、3,437平方km。2006年の人口は、2,618,111人。1平方kmあたりの平均人口密度は、761人ほどの計算になる。
 県域は、南でガービア県と、西でベヘイラ県と、東でダカフリア県と隣接。北で地中海に面している
 以前は、ガービア県の一部だったが、分離された。

GM向け参考情報

【参照地図】

人口分布

【参照資料】

 2000年の統計に基づく、GPWvr3の人口分布図を見ると、カフル・エル-シェイク県あたりの人口密度は、一律に、1平方kmあたり250人〜999人の表示がされているようだ。Wikipedeia(en)ベースのデータも踏まえ、平均人口密度750人内外と想定。

 実際のシナリオでは、人口密度の細かな数値まで気にする必要はないかもしれない。しかし、「ナイル・デルタの概ねよりは、人口密度が低い」とのイメージを持つといいだろう。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/01/08 19:40:47
キーワード:
参照:[カフル・エル-シェイク市] [ダカフリア県] [エジプト=アラブ共和国の諸地域] [ダマンフール市] [ガービア県]
このページは凍結されています。