新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ブータン王国の基本情報 2008年版

ブータン王国の基本情報 2008年版

  • 他のページの記事の、参照用に設けたページです。
  • 情報等級の処理は、「簡単な判定に成功すればわかる」ものを推奨します。
    (例えば「情報知性 目標値8〜12」など)

 「ブルーローズ」のプレイイングやマスタリングに役立つブータン王国の解説については、「ブータン王国」の項から辿っていってください。

概略

 ブータン王国は、南アジアの内陸国で、ヒマラヤ山脈?東部の南斜面を占めている内陸の山国。

首都
ティンプー?

近隣諸国

 南方、西方は、インド共和国と国境を接して隣接している。北方と東方は、中華人民共和国と国境を接し、西蔵自治区?に隣接。

 国土西縁は、インド領を間に挟んで、西方のネパール王国、南のバングラデシュ人民共和国、それぞれの領土と遠くない。

国土と人口

土地面積
47,000平方km
領土面積
47,000平方km
土地面積対比
U.K.(連合王国)“本国領”の20%弱。(日本国の12%強)
最低点
海抜97m
最高点
海抜7,553m
海岸線
0km
地上国境
1,075km
インド共和国との国境=605km(56%強)、中華人民共和国との国境=470km(44%弱)
都市エリア
1%(2000年)
人口
2005年の推計で、672,425人
人口対比
U.K.“本国領”人口の1%ほど。
(日本国人口の0.5%強,対比する数値の年度が異なるので目安として)
平均寿命(2000年〜05年)
62.7(♂=61,♀=64)
乳児死亡率(2004年)
67‰
年齢別人口比率(2004年)
0〜14=39.1%,15〜64=56.9%,65以上=4.0%
平均人口密度
2005年の推計値で、1平方kmあたり45人程度
地域による偏りは大きい。
平均人口密度の対比
U.K.(連合王国)“本国領”の18%強。
(日本国の13%強,対比する数値の年度が異なるので目安として)
都市集住率
7%(2001年)

政治関係

政治体制
 君主制。近年、宗教的権威を伴った君主制から立憲君主制への移行が進められている。立法府(議会)は設けられているが、政党活動は不活発。2007年4月に公布された国王勅令では「近い将来の総選挙に向け、複数の政党が組織されるべき」旨が述べられていた。
 国家元首は国王。王統は、1907年に成立したウェゲン=ワンチュクを祖とする王朝で世襲されてきている。
 行政府は、1968年から、近代的な省制度の整備が開始されている。1964年に首相暗殺事件が起きて以来、首相職は設置されていない。1998年に閣僚評議会議長職が設置されている。閣僚評議会議長は、各省の大臣が輪番で勤めている。
 立法府(議会)は、2005年現在、150議席。選挙で選任された代議員が105名、仏教界代表10名、政府代表35名で構成されている。任期は3年で、再選、再任が認められている。
兵員概数(2003年)
総数=6千人
他に、インドの軍事顧問団も多数駐留している。
軍事支出(2003年)
2,200万U.S.ドル相当(GDPの0.5%ほど,対比する数値の年度が異なるので、目安として)
国民1人あたりの軍事支出(2003年)
25U.S.ドル相当

民族事情

民族事情
 チベット系50%、ネパール系35%、先住山岳民15%。
 国土は山と渓谷に分断されていて、細かなエスニック・グループに分かれている。その内で、王家と同じチベット系のまとまりが比較的強い。
言語事情
 ゾンカ語?と英語?が、国定公用語に定めらている。
 日常的な生活言語としては、西部ではゾンカ語が多数派。中央部ではブムタン語?が、南部ではネパール語?の方言が、東部ではシャチョブ語?が多数派。他に、ヒンディー語?の通用範囲も比較的広い。
宗教事情
 ドゥク派のチベット仏教が国教に定められていて、信徒75%ほど、ヒンドゥー教諸派の信徒が25%ほど。
識字率(1995年推計)
42.2%(♂=56%,♀=28%)

経済事情

通貨単位
ヌルタム(略号=BTN)
GDP(PPP修正値)
43億9千万U.S.ドル相当(2007年推計)
GDPの対比
対比する数値の年度が異なるので、目安として
U.K.(連合王国)の0.2%ほど。
日本国の0.1%ほど。
国民1人あたりGDP(PPP修正値)
5,477 U.S.ドル相当(2007年推計値)
国民1人あたりGDPの対比
対比する数値の年度が異なるので、目安として
U.K.(連合王国)の15%弱。
日本国の16%ほど。
国民1人あたりのエネルギー消費量(石油換算)
59kg(2003年)
国民1人あたりエネルギー消費量の対比
U.K.の数値の1.5%強。
日本国の数値の1.6%ほど。
産業別労働人口比率
未詳
輸出(2002年)
1億1,000万U.S.ドル相当
主要輸出先国(1999年)
インド共和国バングラデシュ人民共和国ネパール王国U.S.A.(合衆国)
輸入(2002年)
1億7,000万U.S.ドル相当
主要輸入元国(1999年)
インド共和国、シンガポール共和国日本国タイランド王国スイス連邦
貿易依存率(2002年)
輸出=9.0%,輸入=33.0%
観光客(2004年)
およそ、9,000人
観光業収入(2004年)
1,300万U.S.ドル相当
(GDPの0.3%ほど,対比する数値の年度が異なるので、目安として)

ソース

 以下のソースを相互参照しました。必ずしも、各ソースのデータ、そのままではありません。一部の数値に端数を丸めるなどの処理もしています。

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2009/09/11 16:44:06
キーワード:
参照:[ブータン王国の基本情報] [ブータン王国の参照コンテンツ集] [ブータン王国] [国別基本情報のインデックス]
このページは凍結されています。