新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ミデ王国

ミデ王国 
ミデおうこく
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「ミデ王国」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 ミデ王国は、アイルランドで、12世紀頃まで営まれていた地方王国の1つ。英語化した名前で「ミース王国」とも。

 歴史譚では、古くから続いていたかに語られているが、歴史が定かになるのは、早くても6世紀頃から。6世紀頃はオファーリーの氏族が支配的だったが、王国らしさが増すに連れ、ウィ・ネイル?の支族であるコルメイン氏族が支配階層をなした。

 最盛期の領域は、現在のミース県、西ミース県?を占め、次のエリアの1部も支配圏にしていた。オファリー県?キャヴァン県キルデア県、ダブリン?ラオース県、ロングフォード県?

 ミデ王国の勢力圏は、10世紀頃から、何度もアイルランド各地の地方勢力間の戦いの舞台になり、ミデの王朝勢力は徐々に弱体化。12世紀には、ミデ王国は完全に滅び、かつての王国領も、レンスター地方アルスター地方とに吸収されていった。

 ミデ王国は、普通「アイルランド第5の地方だった」とみなされる。しかし、歴史物語ですら、「アイルランド王?になったトゥアタル・テフトワル?が、4地方の間にミデを興した」と、伝えられている。

 ミデ王国滅亡後も、シャノン川?流域に移住した王族の末裔は、アイルランドの旧家の家門として、17世紀末頃まで存続していた。

【参照地図】
  • 10世紀初頭頃のアイルランドの勢力圏分布図(Wikimedia Commons
    Image:Ireland early peoples and politics
    地図中「南方ウィ・ネイル(SOUTHERN UI NEIL)」と記されているのが当時の「ミデ王国」の領域。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/10/07 20:30:32
キーワード:
参照:[ミース県] [ウェストミース県] [+αのワールド用語] [ウラド] [レンスター地方] [コーゲド]
このページは凍結されています。