新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

M-16(アサルト・ライフル)

M-16
簡易版

英語表記
M-16,Caliber 5.56 mm rihle

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 “M-16”は、U.S.軍で採用されているアサルト・ライフル。派生形も含んだ総称でもある。現在もU.S.軍で制式採用されているタイプは、M-16A2。

【参照イメージ】
  • M-16シリーズの写真(Wikimedia Commons
    Image:M16a1m16a2m4m16a45wi
    上から下へ、M-16A1、M-16A2、M4、M-16A4
【ルール関連】

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小事典版推奨判定
「軍事+知性 目標値=8〜10」「情報+知性 目標値=10〜12」
簡単な情報 (必要に応じてゲーム前ブリーフィングブレイクを使いGMから素でプレイヤーに伝えてもいいかもしれない)
 “M-16”は、フェアライト社のアーマライト事業部が開発したAR-10が、ダウン・サイズさらた銃だった。当初、コルト社が生産し、コルト社からの委託という形で、ヘッケラー&コッホ社やゼネラル・モーターズ?も生産。ベトナム戦争期にU.S.軍に多数納入された。
 コルト社が経営危機に陥った時期、U.S.政府が製造権を取得、現在は、主にFN社が生産している他、コルト社、ナイツ社、アーマライト社などから派生形も生産されている。
小事典版推奨判定
「軍事+知性 目標値=10〜12」「情報+知性 目標値=12〜14」
やや詳しい情報 M-16は、当初、U.S.空軍に採用され、南ベトナムに提供された初期型。改良型のM-16A1は、U.S.陸軍に採用された。
 現在は、アサルト・ライフルの代表例のように言われるM-16だが、初期型やA1は、兵士たちの評判は必ずしも良くなかった。ことにベトナム戦争の戦場になった、高温多湿のインドシナの環境では、「頻繁に整備をしないと動作不良を起こす」と、不評だった。
 M-16A1の改良型として開発された銃には、M-16A2、M-16A3、M-16A4や、ヘッケラー&コッホ社のH&K HK416がある。他に、特殊部隊用として開発されたM4A1や、スナイパー・ライフルとして開発された、SPR Mk12、SAMR、SR-25など、派生形の種類は多い。
 さらに、性能を制限した民間用として、ナイツ社製のSR-15(セミオート・オンリー)、複数のメーカーで製造されているAR-15(フル・オート機構を削除)もある。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/19 10:12:54
キーワード:
参照:[スプリングフィールドM14] [AR-10(ライフル)] [アーマライト社] [武器類] [アサルトライフル]
このページは凍結されています。