新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

レミントン・デリンジャー

レミントン・デリンジャー 
(簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語表記
Remington Derringer

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「レミントン・デリンジャー(Remington Derringer)」あるいは、単に「デリンジャー(Derringer)」は、掌サイズからせいぜい、ポケットや小形ハンドバッグに収まるサイズの小形拳銃の通称。中でも小形タイプの銃は、「女性が護身用にストッキングに挿む」として「ストッキング・デリンジャー」と呼ばれる。

 多くのデリンジャー銃は、2本の銃身を持つことから「レミントン・ダブル・デリンジャー」とも「ダブル・デリンジャー」とも。

 ブルーローズ部門でも、38Sp弾を使用するダブル・デリンジャーが、正規採用ハンドガンの1つに選ばれている(ハンドガンI?)。

【ルール関連】
  • ルール上は、38Sp弾を使用するダブル・デリンジャーが、ハンドガンI?のカテゴリー。
  • ルールブックでは、簡単な解説とゲーム用データが、公開情報パートのp.157にある。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 デリンジャー・タイプの小形拳銃は、まだ、U..S.A.(合衆国)?が開拓時代だった19世紀に開発された。

 現在見られるデリンジャー銃は、22Shot弾を使用するものから44マグナム弾を使用するものまで多種多様。必ずしもレミントン・アームズ社製のものばかりではない。


 元々は、19世紀にフィラデルフィア?で工房を営んでいたヘンリー・デリンジャー?が、最初のタイプ、単発銃の「フィラデルフィア・デリンジャー」を開発。フィラデルフィア・デリンジャーはリンカーン?暗殺にも使用された。

 その後、フィラデルフィア・デリンジャーは、U.S.A.のみでなく、各国で大量にコピー生産された。そんな内で、レミントン・アームズの創業者エリファレット・レミントン?が、中折れ式で2本の銃身に1発ずつ都合2発を装弾するデリンジャー拳銃を開発。これが、「レミントン(・ダブル)・デリンジャー」の語源になった。

GM向け参考情報

補足情報

  • デリンジャー銃のつづりは、通例“Derringer”。
    これは「フィラデルフィア・デリンジャー( Philadelphia Deringer)がコピー生産される内に“r”が1文字増えた」とも、「レミントンの工房が、デリンジャーの遺族との商標権争議を避けるために1文字増やした」とも言われている。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/06/20 01:31:57
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [武器類] [レミントン・アームズ]
このページは凍結されています。