新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

赤道ギニア共和国の基本情報 2009年版

赤道ギニア共和国の基本情報 2009年版

  • 他のページの記事の、参照用に設けたページです。
  • 情報等級は、「簡単な判定に成功すればわかる」ものを推奨します。

 「ブルーローズ」のプレイイングやマスタリングに役立つ赤道ギニア共和国の解説については、「赤道ギニア共和国」の項から辿っていってください。

概略

 赤道ギニア共和国は、中央アフリカ地域の西部でギニア湾?に面した国。ギニア湾上のビオコ島?や島嶼も領有。いずれの領域も赤道?から遠くはないが、直下にはかかっていない。

 本土領の東縁は、コンゴ盆地?の外縁部に重なっている。

国家体制
 共和政体。大統領制。現行の政体は、1991年以降のもの。
 複数政党制の議会制民主主義制度を有す。ただし、1979年〜1982年までの軍事政権を継承し、1983年から1党独裁体制を採っていた赤道ギニア民主党(PDGE)の勢力が大変強い。野党の活動も、PDGEによる制限されている、と報じられている。現政権は、「かつての軍政の延長にすぎない」とする評価も聞かれる。
首都
マラボ?

近隣諸国

 赤道ギニア共和国の本土領は、北縁でカメルーン共和国と、東縁と南縁でガボン共和国と地上国境を接して隣接している。

 ギニア湾上のピコ島などは、カメルーンと領海を接し、サントメ・プリンシペ民主共和国とも領海を接している。他に、ナイジェリア連邦共和国沿海部からも遠くない。

国土

土地面積
28,051平方km
領土面積
28,051平方km
土地面積対比
U.K.(連合王国)“本国領”の12%弱。(日本国の7%強)
最低点
海抜0m
最高点
海抜3,008m
海岸線
296km
地上国境
539km
ガボン共和国との国境=350km(65%ほど)、カメルーン共和国との国境=189km(35%ほど)
都市エリア
1%(2000年)

人口

人口
2009年の推計、で676,000人
人口対比
U.K.“本国領”人口の1%ほど。
日本国人口の0.5%強(対比する数値の年度が異なるので目安として)。
平均寿命(2005年)
49.4(♂=48.0,♀=50.7)
乳児死亡率(2005年)
100.8‰
年齢別人口比率(2005年)
0〜14=44.4%,15〜64=51.7%,65以上=3.9%
平均人口密度
2005年の推計値で、1平方kmあたり24人程度
平均人口密度の対比
U.K.(連合王国)“本国領”の数値の10%弱。
日本国の7%ほど(対比する数値の年度が異なるので目安として)。
都市集住率
49%(2001年)

民族事情

民族事情
 ファン族85.7%、ブビ族3.6%、他。ただし、ブビ族はピオコ島?を中心にした島嶼部では多数派。ファン族が多数派であるのは、大陸部(ムビニ)。他に、解放奴隷の子孫フェルナンディーノも少なくない。
言語事情
 スペイン語?、ポルトガル語?、フランス語?が、国定公用語に定められている。生活言語としては、ファン語、ブビ語も広く用いられている。
宗教事情
 ローマン・カソリック80%ほど、伝統的民族宗教の信奉者20%ほど
識字率(1995年推計)
78.5%(♂=90%,♀=68%)

経済事情

通貨単位
CFAフラン(略号=XAF)23,796
GDP(PPP修正値)
2008年の推計値で、223億8,900万U.S.ドル相当
GDPの対比
U.K.(連合王国)の1%ほど。
日本国の0.5%ほど。
国民1人あたりGDP(PPP修正値)
2008年の推計値で、18,058U.S.ドル相当
国民1人あたりGDPの対比
U.K.(連合王国)の51%ほど。
日本国の数値の53%ほど。
Gini係数?
未詳
国民1人あたりのエネルギー消費量(石油換算)
957kg(2004年)
国民1人あたりエネルギー消費量の対比
U.K.の数値の26%弱。
日本国の数値の28%弱。
産業別労働人口比率
未詳
輸出(2000年)
11億U.S.ドル相当
主要輸出先国(2000年)
U.S.A.(合衆国)スペイン国中華人民共和国カメルーン共和国イタリア共和国
輸入(2000年)
4億5千万U.S.ドル相当
主要輸入元国(2000年)
セルビア=モンテネグロ共和国?U.K.(連合王国)、U.S.A.、フランス共和国ネーデルラント王国
貿易依存率(2005年)
輸出=95.2%,輸入=28.1%
観光客
未詳
観光業収入
未詳

政治関係

政治体制
 共和政体。大統領制。現行の政体は、1991年以降のもの。
 複数政党制の議会制民主主義制度を有す。ただし、1979年〜1982年までの軍事政権を継承し、1983年から1党独裁体制を採っていた赤道ギニア民主党(PDGE)の勢力が大変強い。野党の活動も、PDGEによる制限されている、と報じられている。現政権は、「かつての軍政の延長にすぎない」とする評価も聞かれる。
(なお、2007年現在、赤道ギニア本国で政党活動を公に禁じられた赤道ギニア進歩党(PPGE)のメンバーが、スペインにて「赤道ギニア亡命政府」を営んでる)
 行政実権は、国家元首である大統領に集中。大統領は、他国の内閣に相当する閣僚評議会のメンバーを任免。議会(立法府)の解散権、法令の制帝権など強い権限を有す。
 大統領は、国民の直接選挙で選出され、任期は7年と長めだし、再選を制限する規定も無い。
 赤道ギニアの閣僚評議会は、首相、数名の副首相、および閣僚で構成される。しかし、実際の行政権は大統領が行使するとされる。閣僚評議会は、大統領の執行機関、補佐機関のような位置づけで、実権は極めて小さい。
 立法府(議会)は1院制の「人民代表会議」。
兵員概数(2007年)
総数=1千320人,陸軍=1千100人,海軍=120人,空軍=100人
軍事支出(2005年)
700万U.S.ドル相当
(GDPの0.03%ほど,対比する数値の年度が異なるので、目安として)
国民1人あたりの軍事支出(2005年)
14U.S.ドル相当

ソース

 以下のソースを相互参照しました。必ずしも、各ソースのデータ、そのままではありません。一部の数値に端数を丸めるなどの処理もしています。

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2009/10/20 20:03:30
キーワード:
参照:[赤道ギニア共和国の基本情報] [赤道ギニア共和国] [国別基本情報のインデックス]
このページは凍結されています。