新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

熱ルミネッセンス年代測定法

熱ルミネッセンス年代測定法 
ねつルミネッセンスねんだいそくていほう

英語表記
Thermo-luminescence dating method

PCが予め知ってていい情報

 特になし。

 「熱ルミネッセンス年代測定法」については、関連技能を持たないPCは、予備知識なしの処理で不自然ではないと思われます。

追加情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。
小辞典版推奨判定
「分析+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」「歴史+知性 目標値10〜12」
簡単な情報 (シナリオによっては、ゲーム前ブリーフィングでプレイヤーに伝えるGM裁量をしてもいいかもしれない)
 「熱ルミネッセンス年代測定法」は、自然科学的年代測定法の1種。
 結晶質鉱物が過去に被曝したたさまざまな放射線の総量を、その鉱物が1年間に受ける放射線推定量で割って年代を求める測定法。
 対象試料が形成されたとき、あるいはそれまでに蓄積されていた放射性損傷が回復(消失、リセット)するに充分な熱刺激や光刺激を最後に受けた時からの経過年代が測定される。
 分析に適した対象試料は、土器、焼石、洞窟堆積物、サンゴ化石、歯のエナメル質、火山灰、固形化した火砕流など。例えば、火山灰や火砕流では噴火が起きた年代、焼け石なら加熱された年代が測定できる。
 300万年前〜1000年前の年代測定が可能とされるが、普通は、数千年前〜50万年ほど前までが適正分析期間とされる。同じような対象の被爆放射線総量から年代を測定する分析手法に、電子スピン共鳴年代測定法(ESR年代測定法)」がある。

:小辞典版推奨判定「分析+知性 目標値10〜12」「歴史+知性 目標値12〜14」

やや詳しい情報 鉱物などが、α粒子、β線、γ線や宇宙線に晒されると、原子、電子レベルでの傷が生じ、その損傷が蓄積されていく。結晶質の鉱物が放射線に被曝すると電離した電子が、結晶の格子欠陥や不純物イオンに捕獲され、不対電子をもつ格子欠陥(ラジカル)が生成される。
 熱ルミネッセンス年代測定法では、試料を加熱し、捕獲されていた電子が熱刺激の影響で電子を抜けていた孔(正孔)と再結合させる。再結合時に生じる蛍光(熱ルミネッセンス)の量を計測することで試料内にあった格子欠陥の量を知る。
 測定試料の総被曝線量から信頼性のある年代測定値を算出するには、過去において試料が受けた平均的な年間放射線線量を高い精度で評価しなくてはならない。
 対象の埋蔵環境によっては、年間被爆総量の推定誤差を評価するのが難しい場合も少なくない。
小辞典版推奨判定
「分析+知性 目標値12〜14」
詳しい情報 熱ルミネッセンス年代測定法は、電子スピン共鳴法よりも、放射線損傷の検出感度が勝っている。ただし、50万年前より古い時代の年代測定については、この優位もあまり意味がない程度に減じる。
 また、対象試料に1度しか分析をおこなえない、加熱するため、有機成分を含んでいる化石類などには分析をおこなえない、などが熱ルミネッセンス法の欠点になっている。

GM向け参考情報

 「年代測定法」の項を参照されたし。⇒ 年代測定法

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/16 12:17:03
キーワード:
参照:[電子スピン共鳴年代測定法] [+αのワールド用語]
このページは凍結されています。