新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

U.K.(連合王国)の基本情報 2005年版

U.K.(連合王国)の基本情報 2005年版

  • 他のページの記事の、参照用に設けたページです。
  • 2005年版です。新しい版は「U.K.(連合王国)の基本情報」からたどれます。⇒ U.K.(連合王国)の基本情報

面積
244,820平方km
(海外領土の面積を除いた“本土領”面積)
面積対比
“本土領”の面積は、日本国の65%弱
人口
2004年の統計で60,270,708人が“本土領”に居住
人口対比
“本土領”人口は、日本国人口の47%強
平均人口密度
1平方kmあたり246人程度(都市集住率89%弱)
 ただし、人口密度の偏りが大きな地域もある。
平均人口密度の対比
日本国平均の73%弱
政治体制
 多党制の普通選挙に基づく議員内閣制。元首(国王)は名目的地位として扱われる。
民族事情
 アングロ・サクソン?系が基幹民族と目される。ケルト系のウェールズ人?、アイリッシュ?、ケルト系とアングル人?、サクソン人?混交のスコッテイッシュ?も多い。他に系譜的には北欧系の住民も少なくない(いわゆる、アングロ・サクソンも実態としては、アングロ・ノルマンだ、と考えられる)。
 各地の主要都市には、アジア系、アフリカ系、アラブ系などの帰化国民のコミュニティーも目立つ。
言語事情
 英語が事実上の公用語になっている。U.K.、及び、イングランドでは公用語を指定する明文法は定められていない。
 スコットランドでは、英語とスコットランド・ゲール語?が、ウェールズでは、ウェールズ語?と英語が、それぞれ公用語に指定されている。
宗教事情
 国教会信徒が5割弱、他のキリスト教徒では、プロテスタントのメソジスト、バプティストが目立つ。少数派の内では、ローマン・カソリック信徒、イスラム教信徒が目立つ。
 ただし、国教会が優勢なのは、イングランド。北アイルランド、スコットランド、ウェールズではカソリックも盛ん。
GDP
1兆7,820億U.S.ドル相当(2004年)
GDPの対比
日本国の5割弱
国民1人あたりGDP
29,600U.S.ドル相当(2004年)
国民1人あたりGDPの対比
日本国の数値とほぼ同じ(若干多い)
通貨単位
ポンド(略号=GBP)
 ブレア政権?の提唱するユーロ導入が政治課題になっている。
首都
グレーター・ロンドン
  • 基礎データ内の数値は「民族事情」「言語事情」「宗教事情」以外の数値を、ウィキペディアから参照し、端数を丸めました。
  • 民族事情、言語事情、宗教事情の数値、及び説明は、二宮健二(編、発行)『データブック オブ ザ ワールド 2005年版』(二宮書店)、をベースに、複数のソースを参照してまとめました。二宮書店の前掲書の記述とは必ずしも一致していません。
更新日時:2009/08/20 23:28:34
キーワード:
参照:[日本国の基本情報 2005年版] [U.K.(連合王国)の基本情報] [セルビア=モンテネグロの基本情報 2005年版] [U.K.(連合王国)の基本情報 2006年版]
このページは凍結されています。