新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

グレーター・ロンドン

グレーター・ロンドン (暫定版)

記事内容追加調査中の暫定版です

英語表記
Grater London

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「グレーター・ロンドン」は、 2007年現在イングランド?に定められている9つの広域地域圏の1つ。南イングランド地域?(行政実体はない)の1部とみなされる。

 グレート・ブリテン島?の南東部に位置し、領域は、テームズ川?下流域の両岸に渡る。北の東イングランド地域と、南の南東イングランド地域とに挟まれる配置になっている。


 正確には、広域地域圏の正称は「ロンドン」で、同じ地域圏の広域行政を担当する地方行政体の名称が「グレーター・ロンドン」。しかし、しばしば、「グレーター・ロンドン」は地域圏自体を指す呼称としても用いられる。

 1つの理由は、U.K.(連合王国)でもセントラル・ロンドンの通称として「ロンドン」が用いられることが多いこと。呼称で、区別をつけようとする人は、多いようだ。

 もう1つの理由は、「U.K.及び、イングランドの首都ロンドン」にも「広域地域圏としてのロンドン」にも、形式上はシティ・オブ・ロンドン?を含めない慣例が続いていること。現在、この形式はいささか不自然になっており、「グレーター・ロンドン」の呼称で地域を一括しようとする人が少なくないようだ。

 現行の地域圏は、1965年にそれ以前のロンドンをベースに新たに編成されたもの。地方自治体としては、サッチャー政権時代の行政改革で、1986年に一旦、廃止されたが、ブレア政権時代の1998年に新体制で再スタートした。

 広域地域圏には、特別単独行政区であるシティ・オブ・ロンドンは含まれない形式だが、グレーター・ロンドンに管轄される広域行政には、シティ・オブ・ロンドンも参画している。首都の地域行政には、都合33の地区が参画していることになる。行政府の名称は、GLA(グレーター・ロンドン・オーソリティー)。ちなみに、サッチャー時代に廃止されたのは、GLC(グレーター・ロンドン・カウンシル)の自治体。

 域内に2つの国際空港、近傍を含めると5つの国際空港を擁し、ユーロ・トンネル?を通じて、大陸側の国際高速鉄道網ともアクセスしている国際都市。国際的な金融市場を擁す経済都市でもある。

 U.K.の国内基幹交通路の、ハブ・センターにもなっている。

【参照イメージ】

グレーター・ロンドンの地図

追加情報

小辞典版推奨判定
「操縦+知性 目標値8〜10」「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 グレーター・ロンドンの領域は、概ね環状をなしている高速道路M25の環状ルートの内外で不定形な領域を成している。
 M25の内側に内接している、とイメージしても概ね正しい。
STNのロンドン市 地図で、グレイに塗られているのは、ニュー・タウンとして開発された宅地地域も含んだエリア。グレーター・ロンドンの領域とは、必ずしも一致していない)
小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値8〜10」
やや詳しい情報 2005年7月、サミット開催時に首都ロンドンで爆弾テロが多発。テロリストの捜査などは、厳しくなっている。
 この分野の警察活動は、2006年4月に正式発足し、内務省の管轄となっているSOCA(Serious Organized Crime Agency,サッカ)との協力が期待されているが、連携はまだ充分ではない、とも言われている。
 2006年6月2日、グレーター・ロンドンのメトロポリタン警察は、化学兵器を準備したテロが計画されているとの情報に基づき、東部フォレストゲイト?の民家を反テロ法違反容疑で急襲。容疑者1人を逮捕、警察官の発砲で容疑者とみられる男1人が負傷した。その後の捜査で、化学兵器の類は発見されず、警察は容疑者として逮捕された人物を釈放。釈放した人物と、兄弟で捜査時に負傷を負わされた人物とに公式謝罪をした。
小辞典版推奨判定
「情報+知性 目標値10〜12」
やや詳しい情報 2006年現在、イングランド?で9つ設定されている広域地域圏で、直接選挙で選出される公的リーダーと、自治議会にあたる地域評議会(メンバーはやはり直接選挙で選出される)を有しているのは、グレーター・ロンドンだけになっている。
 これは、GLA(グレーター・ロンドン・オーソリティー)の設立前に、その方向性を提案した当時の首相、トニー・ブレアが提唱してきた、「U.K.の地方自治の現代化」の一環とみなされている。
 GLAの行政権限は、1980年代に廃止されたGLC(グレーター・ロンドン・カウンシル)よりも縮小されたものの、メトロポリタン・ポリスを監督する権限と、領域の治安を維持する責任とを得た。これも、イングランドの地方自治体としては異例で、現在のとこと他に例をみない職権になっている。
(グレーター・ロンドンのメトロポリタン・ポリスの監督権は、2000年までU.K.政府の内務大臣の職権だった)
 ちなみに、シティ・オブ・ロンドンは、メトロポリタン・ポリスと別の警察機構、「シティ・オブ・ロンドン・ポリス」を有している。

小辞典版推奨判定
「情報+知性目標値12〜14」
やや詳しい情報 ロンドンの広域自治体は、19世紀半ばまで遡るものと、みなされている。
 もちろん、現在、セントラル・ロンドンや、インナー・ロンドンに含まれている各地区の自治は、かつては制限されたものだったが、それ以前に遡る。
1855年〜1889年 MBW(Metropolitan Board of Works)
1889年〜1965年 LCC(London County Council)
 1965年には、グレーター・ロンドンが編成された。
1965年〜1986年 GLC(Greater London Council)
1998年 ロンドン都市区の自治選挙と同時に、GLA(Greater London Autholity)設立の是非が住民投票で問われ、72%の支持率を得た。この結果を受けて、翌1999年に関連法規が議会を通過し、正式発足。
 GLAの本部は、テームズ川南岸のサザーク?で、タワー・ブリッジ近くに位置するシティ・ホール?内に設けられている。
 GLCに比べると権限の弱いGLAだが、グレーター・ロンドンの警察(メトロポリタン・ポリス)の管理責任を負い、メトロポリタン・ポリスを監査する警察評議会(ポリス・オーソリティー)の1部メンバーを任命する権限も持つ。
(ポリス・オーソリティー自体は、住民投票で直接選任されるGLAから独立した組織)

GM向け参考情報

基礎データ

  • 目標値8〜10程度の簡単な判定で、PCが知ってることにして構わないでしょう。場合によってはプレイヤーに事前提示しても可
面積
およそ1,580平方km
面積対比:U.K.(連合王国)“本土領”の0.6%強。日本国の0.4%ほど。
人口
742万人ほど(2004年)
人口対比
U.K.(連合王国)“本土領”人口の12%強。日本国の6%弱。
(対比した統計の年度が異なる、あくまで目安として)
平均人口密度
 1平方kmにつき、4,696人程度。
ただし、インナー・ロンドンの平均人口密度が、1平方kmあたり8,988人(2001年)であるのに対し、アウター・ロンドンでは、3,582人(2002年)と、格差は大きい。
平均人口密度の対比
U.K.(連合王国)の19倍ほど。日本国の14倍ほど。
(対比した統計の年度が異なるので、あくまで目安)
政治体制
 GLA(グレーター・ロンドン・アーソリティー)が自治府にあたる。実際は、かなりの地域行政が、GLAを構成する各地区に担われている。例えば、教育や道路のメインテナンス、廃棄物の収集処理などは、各都市区がそれぞれに責任を負っている。
 GLAは、組織の人員規模がかなり小さな機構で、各地区間の政策調整を主要な機能の1つとしている。
 GLAは、他にグレーター・ロンドン広域の公共交通機関を効率的に運営するための機関(トランスポート・フォー・ロンドン)と、経済開発機関(ロンドン経済エージェンシー)を運営している。他に、メトロポリタン・ポリスの管理責任、大都市消防隊の管理責任、土地利用計画の策定責任を有す。運営予算は、市長が立案し、市議会にあたるロンドン・アッセンブリー(これも小さな組織で定員25名)の承認を得ると発効される。
民族事情
 2001年頃には、およそ20万人近い移民が、グレーター・ロンドンに居住していた、とされる。一説に、グレーター・ロンドンでは、300種ほどの言語が日常使用されていると言われる。この、20万人、300種には、中・東欧や、南欧からの移民も含まれるが、アジア系、黒人系、アラブ系など、の諸民族も多い。都市区による格差も大きいが、移民のエスニック・コミュニティが根付いている地区も多い。
 なお、インナー・ロンドンでは居住人口およそ3人に1人の割合で非白人のエスニック・グループに属す居住者がいる。
言語事情
 英語が事実上の公用語になっているが明文規定はない。エスニック・グループの居住区が根付いている地区では、それぞれの言語が日常使用されている。
宗教事情
 国教会が主流だが、カトリック信徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒なども多い。
GDP
 1,228億UKポンド(統計準拠年不明)。概算で1,919億米ドル。
GDPの対比
 概算値に基づく対比なので、あくまで目安として。
 U.K.(連合王国)の1割強。日本国の5%強。
 UK TRADE & INVESTIMENTの、グレーター・ロンドン地域プロフィールでは、地域のGDPは、U.K.全体の「15.6%」とされている。こちらの数値を信頼した方がいいだろう。
住民1人あたりGDP
 16,549UKポンド。概算で25,857米ドル程度。
住民1人あたりGDPの対比
 概算値に基づく対比なので、あくまで目安として。
 U.K.(連合王国)“本土領”平均の88%弱。日本国平均の88%ほど。
通貨単位
UKポンド
補足
 2002年の統計では、1981年の居住人口から8.1%の人口増を記録した。同時期のU.K.本土領の人口増は5.1%。
 この人口増の理由は、2001年に記録された高い出生率と低い死亡率の結果と目される。新生児死亡率もU.K.“本土領”でも低い。2002年時点の統計では、25歳以下の人口比率は、U.K.“本土領”全体の平均31.0%よりやや高い(この数値も、インナー・ロンドンとアウター・ロンドンとで格差がある)。一方、65歳以上の人口比率は12.1%(全土の平均は、6%弱)。

用途

 ルールブック限定情報によれば、グレーター・ロンドンには、ローズ考古学財団の本部事務所を含めた施設があるはずですが、具体的で細かな設定はみあたりません。

 おそらく、ルール記述の文脈では、ロンドンと記されているのは概ねセントラル・ロンドンを指していると思われます。

 詳細な設定が見当たらないのは、おそらくワールド・ワイドな冒険をゲーム・コンセプトの1つの柱にしているからでしょう。

 多くのシナリオでは、例えばミッション指令なども「セントラル・ロンドン某所の本部で」などとマスタリング処理していくのが無難でしょう。

 この辺のマスタリングの路線については、「セントラル・ロンドン」の項に、「チップス『セントラル・ロンドンのマスタリング』」が用意されてます。よければ参照してください。同チップスでは、「グレーター・ロンドンでシティ・アドヴェンチャーを目論むシナリオのシナリオ・メイク」についての言及もあります。⇒ セントラル・ロンドン

地勢と環境

 大局的にみればほぼ平坦な地勢。極低い丘陵が少数散在しているが、起伏は、フランスのパリ?や、日本の東京?ほどですらない軽微なもの。

 歴史的には、テイムズ川の北岸から発展した。これは、現代的な土木技術が発展するまで、テイムズ川の氾濫は、現在のセンスからは意外なほど、制御が困難だったため。現在は、テイムズ川沿いに、堤防が整備され護岸もなされて久しい。ところが、近年、気候温暖化の影響で、テイムズ川沿いの護岸設備を見直すべき、と警鐘を鳴らしている科学者もいる。

 地下鉄の普及で、見落とされがちだが、グレーター・ロンドンの域内には、テームズ川に注ぐ小河川や運河が少なくない。ただし、北岸では、多くの小河川が暗渠(川岸を人工的に護岸した上で、川面の上を人工的に封じ、地下水道の状態にした川筋、日本にも少なくない)とされている。

 気候は、グレート・ブリテン島内では温暖。

【参照データ】

地域区分

 グレーター・ロンドンの都市圏の外縁は、高速道路の環状ルートを不定形に出入りしている。大まかには、「環状ルートに概ね、内接したような地域」とイメージしていくと、把握し易い。

 グレーター・ロンドンを構成する都市区は、インナー・ロンドンと、アウター・ロンドンとに大別すると、把握し易い。セントラル・ロンドンについては、インナー・ロンドンの都市区を把握した上で、ストリートや、各都市区に位置する広場などを押さえていかないと、漠然としたイメージしか抱けないだろう。

 セントラル・ロンドンがイメージできたら、セントラル・ロンドン中心の都市区分をチップス的に覚えると、結構重宝する。

【参照地図】

 狭めに限定されたセントラル・ロンドンを中心に、グレーター・ロンドンが、北(N)、東(E)、南東(SE)、南西(SW)、西(W)、北西(NW)の7区画に区分されている。

 まず、グレーター・ロンドンでは北東区域にあたるエリアが、セントラル・ロンドンを基準にすると「東」とされている点に注目。これは、ロンドンがテイムズ川北岸から発祥したことの名残としての地域感覚と思われる。

 上記の7区画は、インナー・ロンドン、アウター・ロンドンの区分と比べると、いささかオフィシャルなものとも言い切れない。しかし、ロンドンの歴史と居住者の生活感覚に結びついた強力な地域感覚で、多くの歴史ガイドや、トラベル・ガイドで用いられている。

 例えばロンドンに「ウェスト・エンド」と呼ばれるエリアがある。「セントラル・ロンドンの西端」というのが語源だったが、今では、エリアが拡大したセントラル・ロンドンに呑み込まれて、西端とも言えなくなっている。

 と、言うわけで、資料などをあさるとき、「ロンドン東部」と書いてあっても、「概ね、グレーター・ロンドンの北東方面、と思うと、まず正しい。真東の地区とは(ダブっていても)一致していないのだ。

 「セントラル・ロンドンを中心にした地域区分」は覚えておいて損はないチップスだ。

人口分布

領域構成面積人口統計準去年概算平均人口密度(1平方kmあたり)
インナー・ロンドン13地区(含むシティ・オブ・ロンドン?319平方kmおよそ290万人2002年9,090人
アウター・ロンドン20地区1,253平方kmおよそ450万人2002年3,591人
グレーター・ロンドン22地区(シティ・オブ・ロンドンは含めない1,569平方kmおよそ742万人2004年4,729人

正規の出入国ゲイト

スカイ・ゲート
 グレーター・ロンドンの域内には、ヒースロー国際空港?、ロンドン・シティ・エアポート?が、近傍にはガドウィック国際空港?南東イングランド)、ルートン国際空港?、スタンステッド国際空港?東イングランド)が存在。
 遠距離国際便の玄関口は、ガドウィックとヒースローとされることが多い。
海港
 テイムズ川沿いにある幾つかの埠頭などが、ロンドン港湾局によって管理されている。当局は、グレーター・ロンドン領域から下流のテイムズ川流域での、レジャーも含む河川交通の安全も保障し、監督、管理をしている。
 海から進入する船舶は、船体規模、航路などに応じて遡行できる限界が定められている。
 シー・エクスプローラー級の船舶を含める外洋船は、グレーター・ロンドンの外縁に近接したティルバリイ港(エセックス)の、ロンドン巡行船ターミナルに停泊する。
Port Location(ティルバリイ港の所在,LONDON CRUISE TERMINAL
国際鉄路
 ユーロ・トンネル?を利用した列車が、グレーター・ロンドンのターミナル駅まで運航。
国際自動車道
 国際自動車道自体は敷設されていない。ユーロ・トンネルを利用したカー・トレイン(ル・シャトル)を利用すると、沿線のターミナル駅間を、自動車と共に行き来できる。(⇒ ユーロ・トンネル?ル・シャトル

主要交通路

地方空港
 ヒースロー空港、ガドウィック空港以外の空港に国内便も就航と想定(未確認)。
河川水運
 未確認だが、大きくても6人載り程度までのモーター・ボートか、タグボートなど、河川用の細長い船体の小形運送船でないと、操船免許以外に特別の認可がないと航行できないと想定(例えば遊覧客船の類)。
主要鉄路
 セントラル・ロンドンを取り巻くような配置のターミナル駅から、四方に鉄道網が布設されている。
 グレーター・ロンドンに起点を持つ路線は、バッキンガム・シャー?を経由し、北に向かう路線が1本。(もう1本東イングランドのハートフォードシャー?を経由し、バッキンガムシャーを通る路線もある)。
 グレーター・ロンドンからバークシャー?県都のレディング?に至る鉄路は、レディングからオックスフォードシャー方面と南西イングランド方面の2路線に分岐。
 サリー?県に向かう路線は2系統。西側の路線は、ハンプシャー?方面に向かう路線と、ウェスト・サセックス?方面に向かう路線とに分岐。東側の路線は、ガドウィック国際空港?を経由した後、ウェスト・サセックス沿岸部のブライトンに向かう路線、他の2路線に分岐。
 グレーター・ロンドンからケント?県に向かう路線は2系統。西側の路線は、ケント県の西部を通った後、ウェスト・サセックス沿岸部のヘイスティングスに向かう。東側の路線は、ドーヴァー?との間に入り組んだ路線網をなした後、ドーヴァーからは、沿岸部を西に向かう路線に通じている。この沿岸部を通る路線には、各所でロンドンから発した路線が連絡。ハンプシャー?のサウサンプトン?の西で、沿岸部をさらに西に向かう路線と、北西に向かう路線とに分岐している。
道路網
 域内ではグレーター・ロンドンを環状に取り囲む高速自動車道M25、及び、M25南東のバイパス道M26と、M25、26の環状ルートから四方に通じる高速自動車網が基幹ルート。南東イングランドの場合、高速自動車網の間に、Aナンバー国道網も張り巡らされている。
 バッキンガム・シャー?を経由する高速道M40は、オックスフォードシャーに入った後オックスフォード?の手前で北に向かう。(オックスフォード方面に向かう地方道にも連絡)。
 バークシャー?を経由する高速道M4はレディング?の北を西に向かい南西イングランドのブリストル?に向かっている。
 サリー?県に向かう高速道は2系統。西側のM3は、サリー県の西部を短距距離通過した後ハンプシャー?のサウサンプトン?に向かっている。東寄りのM23はガドウィック国際空港?の東近傍を通過した後、A23になって、イースト・サセックス?のブライトン?方面に向かっている。
 ケント?県に向かう路線は北側を東に通じているM2と、M2の南をやはり東に通じているM20の2系統。ちなみにユーロ・トンネル?の自動車道に通じているのはM20。
 オックスフォードシャーでは、高速道はバッキンガム・シャーを通ったM40が、ごく短距離東部を経由しているだけだが、A34が基幹道となり、オックスフォードの西を通過している。他に、沿岸部にAナンバーの国道が各県をまたいで続き、ウェスト・サセックス?のチチェスター?の西でM27になってサウサンプトンに向かっている。

グレーター・ロンドン域内の交通

 グレーター・ロンドン域内から、周辺に至る公共的な交通手段としては、地下鉄、DLR(Docklands Light Railway)、バス、コーチがある。(詳細は調査中)

【参考サイト】

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/01/06 21:02:23
キーワード:
参照:[グレナダの有用地図集] [アウター・ロンドン] [ケント県,南東イングランドの〜] [U.K.(連合王国)の諸地域] [ダイアナ] [マリア] [スィーワ・オアシス] [ドーセット,イングランドの〜] [アイルランド共和国の情勢] [U.K.(連合王国)の基本情報 2007年版] [ヨーロッパ州のランド・マーク] [マン島] [ブルガリア共和国] [バーレーン王国の有用地図集] [インナー・ロンドン] [U.K.(連合王国)の基本情報 2008年版] [グレーター・ロンドンのカムデン区] [グレーター・ロンドンの有用地図集] [イル=ド=フランス地域圏] [グレーター・ロンドンのイスリングトン区] [シンガポール共和国の有用地図集] [ベリーズの有用地図集] [「バース市街」と「バース市」] [U.K.(連合王国)の基本情報 2009年版] [ロンドン] [グレーター・ロンドン] [アイスランド共和国の情勢] [イングランドの有用地図集] [リチャード・ブランソン] [ハルガダ国際空港] [ハンガリー共和国] [U.K.(連合王国)の基本情報 2005年版] [ロンドンのウェスト・エンド] [セントラル・ロンドン] [ボリビア共和国の有用地図集] [アイルランド共和国] [グレーター・ロンドンのサザーク区] [グラスゴゥ,スコットランドの〜] [U.K.(連合王国)の情勢] [ルクセンブルク大公国の有用地図集] [リヒテンシュタイン侯国の有用地図集] [アイルランド共和国でのミッション] [U.K.(連合王国)の基本情報 2006年版] [U.K.(連合王国)]
このページは凍結されています。