新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

モラヴァニイのヴィーナス

モラヴァニイのヴィーナス 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

英語名
Venus of Moravany(ヴィナス・オブ・モラヴァニィ)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「モラヴァニイのヴィーナス(ヴィナス・オブ・モラヴァニィ)」は、「石器時代のヴィーナス?」と総称される、地母神と思われる像の1種。

 現在のスロヴァキア領?西部にて、バーフ川?沿いの山間渓谷に位置するピエシチャニ?近傍の村、モラヴァニイ・ナド・ヴォホム(Moravany nad Vahom)付近で出土した。

【参照イメージ】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 モラヴァニイの地母神は、マンモス?の牙を丸彫りした彫像で、1939年に地域の農夫によって発見された。

 およそ2万3千年ほど前の作例で、後期旧石器文化に属す物と鑑定されている。スロヴァキア地域で出土した美術品の類では、最古の遺物の1つ。

 ブラチスラヴァの北東80kmほどのあたるピエシチャニの一帯は、旧石器時代からヒトの生活拠点が多く設けられたようで、一帯では旧石器文化の出土遺物が多い。

 およそ8万年ほど前からヒトの活動痕跡が伺える。鉱泉が湧く関係だろう、と考えられている。

 地域の後期旧石器文化は、グラヴェット文化?のタイプに分類されている。

 「地母神」との解釈は、「豊穣と関係する女神、あるいは超自然的なキャラクター」だろう、との推測による。

 現在は、オリジナルの遺物は、スロヴァキアの国営銀行の金庫に保管されている。

 模造品が、首都ブラスティラヴァ?のブラスティラヴァ城?付属博物館と、ピエシチャニの博物館のそれぞれで展示されている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」

GM向け参考情報

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/05/16 21:05:14
キーワード:
参照:[スロバキア共和国] [アーティファクツやオーパーツ・ソース] [エジプト誌] [小辞典ワールド編]
このページは凍結されています。