新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

遺物

遺物 いぶつ (Archaeological Artefact)

PCが予め知ってていい情報

 遺跡から発見された道具類などの総称。(強いて言うなら動産類を指す)

追加情報

小辞典版推奨判定
「歴史+知識 目標値10」限定
やや詳しい情報 建造物など、不動産の類は「遺構」と呼ばれる。
 欧米の考古学では、人工物、あるいは工芸品一般を指す“Artefact(Artifact)”の語が使われ、例えば獲物とされた動物の食い残しなどは“Remain”(残余物)など、用語から区別される。
 遺物の類は多種多様なので、様々な整理、区分がなされる。
  • 作製あるいは使用されていた時代による整理、区分
  • 制作技術による整理、区分
  • 遺物の形式、形態から推定される帰属文化による整理、区分
  • 遺物の組成からの整理、区分
  • 機能や用途による整理、区分
 主な整理法でも、上に挙げたようなものがある。

シナリオ・メイク用参考情報

 日本の考古学で言う「遺物」は、欧米の用語“Artefact”に充てたものだが、過去の人間の行動が関与したと思われる動産類全般を指す点が“Artefact”と異なる。

 必要に応じて、「人工遺物」「自然遺物」などの細別をつけていくのが日本での慣例。

 ただし、必要があれば、日本の考古学でも、動植物の残余物(Remein)に相当する「遺存体」「遺残」などの用語が使われることもある。

活用や検討

活用

 用語1つとっても、お国柄と言うか、学風と言うか、考え方の違いが伺えておもろいです。でも、NPCにしろPCにしろ、そこまで表現する、なんてこたぁ、まずないと思いますが。

 お国柄を表現するとしたら、学風より、もっと別な風俗習慣みたいなとこでやった方がおもろいですよね。

  • 研究テーマの拘りに、お国柄や学風が出ることはあるかと。
  • ところで、「遺存体」だの「遺残」だの言われてもピンとこない。素人疑問だけど、「残余物」とかで不都合あるのかな?

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2006/10/12 03:23:41
キーワード:
参照:[考古学] [シュメール王名表] [アーティファクツやオーパーツ・ソース] [ユネスコ世界遺産] [ブルガリア共和国] [アンティキティラの機械調査プロジェクト] [アクロポリス] [下エジプトの赤冠] [アフィントン・ホワイトホース] [アジア州のランド・マーク] [アッシュルの遺跡] [小辞典ワールド編] [アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群] [ファラス] [オーパーツ] [ダミエッタ市] [電脳技能] [下エジプト] [ヒエラコンポリスの黄金隼頭像] [歴史的ヌビア地域] [ゴトランド島] [ダンディー・ロゥ] [モラヴァニイのヴィーナス] [クシュ王国] [遺構] [ブルーローズ] [ニネヴェの遺跡] [アミノ酸ラセミ化年代測定法] [シリア=アラブ共和国] [アポフィス] [遺丘] [掘削機,装備パックの〜] [ナシリーヤ市] [スコルピオン・キング] [ヴィクスの墳墓] [アグテレク・カルストとスロヴァキア・カルストの洞窟群] [石器時代] [ハウス処理:武器、危険物などの購入に付随する処理] [ナルメルのメイス・ヘッド] [スリス女神] [シリア沙漠] [天命の書板] [ヴィクスの女王] [ヴィレンドルフのヴィーナス] [アポロニアの遺跡] [デジタルカメラ] [マスタバ墓] [ドーセット,イングランドの〜] [東イングランド] [上スヴァネティ] [G装備] [バグダード電池] [ベニンの青銅遺物] [報告書作成] [アメンエムハト2世] [ネフシュタン] [ヴィクトリア瀑布] [M装備] [ファイユーム市] [オールド・ドゥンクーラ] [ヒル・フィギュア] [エルブルズ山脈] [オフィシャルNPCと組織、他] [アレマニア] [運動技能] [アル-バダリ] [ヴィクスのクラテル] [調達技能] [黒のオベリスク] [レイ・ライン] [エレファンティネ島] [アングルシー島] [ラメセス10世] [オスロエネ王国] [ケバラ洞窟] [生命の器(限定情報以上級設定)02] [大リビア=アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国] [ドーチェスター,ドーセット県の〜] [アーティファクツ] [メネス] [UFO] [上エジプトの白冠] [エジプト誌] [ファラーフラ・オアシス] [アンティキティラの機械] [U.K.(連合王国)でのミッション] [エル-カブの遺跡] [ニムルドの遺跡] [ブリティッシュ・ミュージアム] [シャルマネセル3世] [スエズ運河] [クァーサル・イブリム] [マリア] [Global Egyptian Museum,The〜] [シストルム] [ドゥンクーラ] [スロバキア共和国] [ドーチェスター・ポット] [パニック] [ナルメルの化粧パレット] [Wikimedia Commons] [ティグラト・ピラセル3世] [ナルメル] [ヒエラコンポリスの遺跡] [セヴァン湖] [歴史的ヌビア地域略史] [デリーの鉄柱] [スコルピオンのメイス・ヘッド] [混酒器] [カリブ諸島] [アメンエムニス] [バース市街] [考古学、歴史研究の関連用語]
このページは凍結されています。