新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

アリク・デン・イリ

アリク・デン・イリ (Arik-den-ili) 簡易版

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 アリク・デン・イリは、中アッシリア時代?のアッシリア?支配者の1人。紀元前14世紀末頃に在位したと思われる。あるいは、治世が紀元前13世紀初頭に及んだ、とする説もある

 先代からはじまっていたバビロニア?との戦争を、継続した。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 アリク・デン・イリは、父親で先代のアッシリア王だったエンリル・ニラリの跡を継いだ。

 治世期間については、幾つかの説が唱えられている。主な説では、B.C.1319年〜B.C.1308年とする中年代説が、現在の主流説。一部に、B.C.1307年〜B.C.1296年とする低年代説を唱える研究者もいる

 アリク・デン・イリの代のアッシリアは、現在のアッシリア研究の歴史整理では中アッシリア時代?の初期にあたる。足掛けで12年間と目される治世について、あまり詳しいことはわかっていない。

 当時、祖父で先々代にあたるアッシュル・ウバリト1世?が、婚姻政策で安定させたバビロニア?のバビロン第3王朝?(カッシート王朝?)との関係が、乱れて久しかった。アリク・デン・イリは、エンリル・ニラリの代からはじまっていた、アッシリア・バビロニア戦争を続けた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 中アッシリア時代初期のアッシリア?は、アッシュル・ウバリト1世?が、バビロニアとの関係を安定させつつ、ミタンニ王国?をヒッタイト?と挟撃。長年の圧迫から解放された。

 しかし、ミタンニの弱体化は、広域のパワー・バランスを乱し、アッシリアとバビロニアの交戦がはじまった。この交戦状態は、数世代をかけてアッシリア側の長期的な優位が確立するのだが、バビロニア側は、ヒッタイトと同盟し、アッシリアを挟撃する構えをとった。

 この間、漁夫の利を得た型のヒッタイトは、帝国期とも言われる新王国時代(新ヒッタイトとは別)に移行し、古代オリエント史は新たな局面に推移していった。

GM向け参考情報

  • GM向けの補足情報、マスタリング・チップス、アイディア・フックなど

 「増補待ち」

活用や検討

活用

  • このページの記事を踏まえた、アイディア・フック?、使ってみたシナリオ、セッション・レポ、などなど
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2007/02/02 19:13:08
キーワード:
参照:[歴史上の実在人物] [小辞典ワールド編] [エンリル・ニラリ]
このページは凍結されています。