新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

コルト・ファイアーアームズ社

コルト・ファイアーアームズ社 
コルト・ファイアーアームズしゃ
簡易版

英語表記
Colt's Patent Firearms Manufacturing Company

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「コルト・ファイアーアームズ社(Colt's Patent Firearms Manufacturing Company)」は、U.S.A.(合衆国)の銃器メーカー。“Colt's Manufacturing Company”とも。銃器の分野では、単に「コルト」でも通じる。

 現在は、アサルトライフル、カービン銃?などの製造販売が主力。ハンドガンコルト・シングル・アクション・アーミー(ピースメーカー?)、コルト・ガバメントのみを製造。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 コルト社の創業は、1836年。シングル・アクション・リボルバー銃を実用化したサミュエル・コルト?が創業者。

 創業時の社名は「パターソン武器製造会社」。後、「コルト特許火器(Colt Patent Firearms)」として再出発した。

 コルトのシングル・アクション・リボルバーは、当時としては精巧なメカニズムの高価な銃で、評価は高かったものの、一時倒産したことがある。

 再出発した後も、金属薬莢弾丸の特許をS&W社に押さえられたり、ダブルアクション機構の採用に出遅れたり、むしろ後手に回った。

 19世紀末にはピースメーカーが、U.S.陸軍に採用され、1911年にはコルト・ガバメントも、U.S.軍に採用された。

 1960年代には、コルト社製のアサルトライフルが、多用されるようになった。

 他方、オートマティック拳銃の分野ではヨーロッパ製の銃に出し抜かれ、ハンドガン市場ではヨーロッパのメーカーやS&W社に大きくシェアを奪われた。コルト社はハンドガンの分野からはほぼ撤退。定番商品と言えるピースメーカーと、コルトガバメントなどが例外になっている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/09 12:35:28
キーワード:
参照:[小辞典ワールド編] [コルト・シングル・アクション・アーミー] [コルト・ガバメント] [武器類]
このページは凍結されています。