新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

マンスーラ市,エジプトの〜

エジプトのマンスーラ市 エジプトの マンスーラし (簡易版)

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

アラビア語名の音
al-man??rah(アル-マンスラー)
英語名
Mansurah(マンスーラ)

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 マンスーラ市は、エジプト領北部のナイル・デルタ中部で、ナイル下流のダミエッタ分流流域に位置する都市。

 マンスーラ市街を流れるナイルの分流は、ナイル下流が東に分かれてダミエッタ市街へと流れている部分。詳しく言えば、用水運河も含めたナイル支流が2、3本市街地を通っている。これらの流れはマンスーラ市街を流れた後、さらにダミエッタ市街?マンサラ湖へ注いでいく。

【参照地図】

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 マンスーラ市は、ダカフリア県の行政中心地。隣接するガービア県の行政中心地タンタ市の北東に位置し、主要地方道(自動車道)で結ばれている。

 エジプトの他県同様に、大統領に任命された県知事が、中央政庁から派遣されダカフリア県を統治している。

 市域の人口は、およそ42万人規模。


 現在のマンスーラ市は、ナイル・デルタ東部の地域商業センターであると同時に大学都市のようなイメージを持つ。

 マンスーラ市は、医学や、科学、技術の分野がエジプト内で抜きん出ているダカフリア県内で、現在でも、学術のセンターとみなされている。例えば、1962年に設立されたマンスーラ大学は、元はカイロ大学の医学部門の分校として創設された。現在は、アフリカ、及びアラブ諸国?有数の医学校として知られている。

さらに詳しい情報

  • 「難易度が、ある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 マンスーラ市は、13世紀半ばに、フランス王朝のルイ9世率いる十字軍に、アイユーブ朝?が勝利したことを顕彰し、1219年に創建された。アラビア語の“El Mansurah”は、英語に直訳すれば“The Victorious”といった意味。

 アングロ=エジプト?に対するクーデタでエジプト=アラブ共和国が成立する頃までは、アレクサンドリア市やマンスーラ市にはギリシア系住民が多く居住。ギリシア系住民の地域コミュニティーも営まれていた。これらギリシア系住民は、ナセル大統領の統治時代に去っていき、コミュニティーもなくなった。しかし、マンスーラ市の街区などには今でもギリシア系の地名が残っている。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/07/12 16:59:23
キーワード:
参照:[ダミエッタ市] [エジプト=アラブ共和国の諸地域] [ダカフリア県]
このページは凍結されています。