新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

フィンタン・マク・ボーフラ

フィンタン・マク・ボーフラ 
(簡易版)

英語表記
Fintan mac B?chra

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 特に無し。

 「フィンタン・マク・ボーフラ」については、「関連技能を持たないPCは、予備知識なし」の処理でも不自然ではないと思われます。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「フィンタン・マク・ボーフラ」は、11世紀頃のアイルランドで、神話的な歴史譚を収集再編したと思える『アイルランド来寇の書?』に登場するキャラクター。

 フィンタンは、ケスィルの父ビスと共に、アイルランドに渡来した集団に加わった予言者だった。「賢者フィンタン」とも呼ばれる。ビスは、「来寇の書」の物語では、ノアの息子の1人とされた人物。

 「来寇の書」では、フィンタンは、さまざまな生き物への変身を繰り返し、アイルランドの歴史を見続けてきた狂言回し的なキャラクターとして語られている。

 「来寇の書」の編者が何者だったかは、現在に至るまで不明。賢者フィンタンについては、極端には「『来寇の書』に採録された物語同様、以前からアイルランドに伝わっていた神話、伝説のキャラクター」とする説と、「『来寇の書』の編者が、様々な神話伝説を年代記のように構成するために創作したキャラクター」との説があり、議論が絶えない。

 ただ、多くの場合、どちらの極論も唱えずに「古くからアイルランドに伝わった物語上の予言者複数をベースにして、新たに語られたキャラクター」とみなされることが多いようだ。


 フィンタンは、ビスの作った船で、50人の女たちと共にアイルランドに渡った3人の男の1人だった。はじめ、ケスィルを含んだ17人の女を妻にした。アイルランドに至る旅行は7年以上かかったが、その間にまず、航海士で3人めの男だったラドラが死に、彼の妻とされた女たちは、半分ずつビスとフィンタンの妻とされた。

 さらに、ビスも死ぬと、50人の女たちは、全員フィンタンの妻とされた。

 ケスィルとフィンタンらがアイルランドに到着したのは、『聖書』に記された大洪水が起きる40日前のことだった。渡来者の一行は、大洪水に呑み込まれて死んでしまうが、フィンタンは、なぜか鮭に生まれ変わって大洪水を生き延びる。その後、フィンタインは、鷲、鷹、などの生き物に次々生まれ変わり、再度人に姿に戻ると、アイルランドの支配者たちに助言や予言を与えながら、伝説の勇者フィン・マク・クウィルの時代頃まで生き続けた。

 例えば、フィル・ボルグ族が、トゥアター・デ・ダナンと会戦したマグ・トゥレドの戦い?の前に、フィンタンは、フィル・ボルグの王たちの最後の1人エオヒド・マク・エルク?に予言をしたことになっている。

 アイルランドにキリスト教が広まりつつあった5世紀頃、フィンタン・マク・ボーフラは、現世を立ち去ることにした、と言うのが『アイルランド来寇の書?』に記された賢者フィンタンの物語の大筋だ。

 17世紀頃のアイルランドの学者たちは、当時の『聖書』年代学を踏まえて、「フィン・マク・ボーフラは、予言者として5,500年ほど生き続けた」と、唱えた。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/09/28 00:14:24
キーワード:
参照:[ビス] [ケスィル] [+αのワールド用語]
このページは凍結されています。