新規作成  ソース  BlueRose Wiki  ページ一覧  検索  更新履歴  RSS  ログイン

ヒューズ・エアクラフト社

ヒューズ・エアクラフト社 
ヒューズ・エアクラフトしゃ
簡易版

英語表記
Hughes Aircraft Company

簡易版です。気づいたとこの増補、改訂、優先に大歓迎。

PCが予め知ってていい情報

  • 「判定処理なしに、PCが知ってることにしていい」情報とします。

 「ヒューズ・エアクラフト社」は、U.S.A.(合衆国)の主要な航空機メーカーの1つだった企業。軍需産業でもあった。単に「ヒューズ・エアクラフト」とも、「ヒューズ航空機」とも。

 1985年にゼネラル・モーターズ?に買収された後、関連企業とともに、企業グループが再編された。1997年に、軍需産業のレイセオン社に売却され合併された。

 富豪で実業家だったハワード・ヒューズ?が、1935年に創設。

やや詳しい情報

  • 「簡単な判定に成功すればわかる情報」とします。

 「ヒューズ・エアクラフト社」は、「ヒューズ機器(Hughes Tool Company)」の1部門から独立する形で1935年に創設された。

 カリフォルニア南部を主要拠点に活動。第2次世界大戦中は、軍用機複数の試作機製作に関わった。その内の1つが、戦後に1機だけ製作された巨大機H4 ハーキュリーズ 飛行艇?だった。

 1961年には、ヒューズ・エアクラフトの傘下企業といった形で、ヒューズ宇宙通信社も創業された。

 1985年、大企業数社が競った買収合戦の末、ヒューズ・エアクラフト社はゼネラル・モーターズ?に買収された。買収から数ヵ月後、ヒューズ・エアクラフトの1部は、デルコ・エレクトロニクス(Delco Electronics)と合併し、ヒューズ・エレクトロニクス社(Hughes Electronics Corporation)に。ヒューズ・エアクラフト社、ヒューズ宇宙通信社などと、新たなグループ企業に再編された。

 1997年、GMは、ヒューズ・エアクラフトを、軍需産業のレイセオン社に売却、合併された。

 ヒューズ研究所(Hughes Research Laboratories)は、ゼネラル・モーターズ、ボーイング、レイセオンの共同経営で継続。後、レイセオンは研究所の経営権を、ボーイングとGMに売却したが、顧客としての関係は保っている。ヒューズ宇宙通信社は、2000年にボーイングに買収され、「ボーイング衛星開発(Satellite Development Center)」と社名が変更された。

 後、GMは、ヒューズ・エレクトロニクスも売却。現在のディレクTVグループ?となった。

さらに詳しい情報

  • 「難易度がある程度高い判定に成功すればわかる情報」とします。

 「増補待ち」。

GM向け参考情報

 「増補待ち」。

リンク

関連項目

資料リンク

活用や検討

活用

{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

重要な改訂の情報

  • 内容に追加、変更があった場合のみ、でいいでしょう。
    (誤字脱字の訂正や、文章を整える程度では記録不要)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin

検討

  • このページの記事内容についての質問、重要な疑問、改訂の要望など
  • 検討の項は記名記入を推奨(無記名記入は、随時書換え対象になりえます)
{{comment}}
Hiki::PluginException (not plugin method): inline plugin
更新日時:2008/08/08 22:28:35
キーワード:
参照:[輸送機器] [小辞典ワールド編] [TOW] [武器類] [レイセオン社]
このページは凍結されています。